HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 終末のしるし

終末のしるし

説教要旨(10月16日 夕礼拝より)
ルカによる福音書 21:5-19
牧師 藤盛勇紀

 場所はエルサレム神殿です。この神殿は紀元70年にローマ軍によって完全に破壊されてしまいます。しかし当時は極めて壮大、壮麗な神殿で、金箔で覆われた所もあり、燦然と輝いていました。人々が神殿の壮麗さに感嘆していたとき、イエス様は言われました。「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る」。
 そう言われても、想像すらできません。もしそんなことがあるとすれば、「世の終わり」の時だろう。それで彼らはイエス様に尋ねます、「先生、では、そのことはいつ起こるのですか。また、そのことが起こるときには、どんな徴があるのですか」。
 イエス様の答えは、まさに世の終わりの様相とでも言うべき悲惨な光景で、絶望的で暗い気分にもさせられる内容です。しかし主は、「惑わされないように気をつけなさい」と言われ、「おびえてはならない」とも言われます。悲惨な出来事に遭遇したり、希望を失わせる時代に入ったりすると、私たちは惑わされ、怖れおびえます。しかしそれは終わりではないのだ、言われます。
 世の終わりのことを思うと、私たちは、政治や経済がどうなるか、人々の心はどうか、自然界の変化は、異常気象はどうなるか等々、「周りがどうなるか」を知ろうとします。「どんな徴があるのか」と。イエス様はそれに対して、「これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。それはあなたがたにとって証しをする機会となる」と言われます。「周り」の様子がどうというより、「あなたがた」はこうなる、と語り始められるのです。「あなたがたは、親、兄弟、親族、友人にまで裏切られる。中には殺される者もいる」。
 なぜそんな悲惨が起こるのでしょうか。理由の一つは、「わたし(主)の名のために」です。「わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる」とさえ言われます。主イエスの名のゆえに、つまりキリストのものとして生きようとすると、激しく揺さぶられる経験をする。この世と激しい摩擦が生まれる。そういう生活に引き入れられることになるのだ、と。
 「そんなことになったら、私の信仰など怪しいものだ」と不安になる人もいるでしょう。迫害を受けるような事態になったら、立派に信仰者として立つ自信もない。
 しかし、イエス様が「あなたがたにとって証しをする機会となる」と言われるのは、あなた自身の立派な態度や立派な弁論をもって対抗する、といったではないのです。むしろ「前もって弁明の準備をするまいと、心に決めなさい。どんな反対者でも、対抗も反論もできないような言葉と知恵を、わたしがあなたがたに授ける」と言われるのです。何と慰めに満ち、約束に満ちた言葉でしょうか。「わたしがあなたがたに授ける」と言われる、このお方に信頼して、任せてしまうことです。だから、「いざという時には、立派に立ち回ってやろう」「その時のために、言うべきことを練っておこう」などと、勢い込まなくてよいのです。
 「もう世も末」と思われるような、人の信頼も愛も冷え、まさに「民は民に敵対して立ち上がり」「友人にまで裏切られる」、そんな事態が起こったとしても、私たちは、信頼の中に安心して委ねて生きられます。私たちの主がおられるからです。だから主は「忍耐」だと言われるのです。忍耐とは、「もうお終いだ」と言いたいところで、「こんな私なんか」と思われるところでも、私のために命を捨てられた主がおられるから、「自分で自分を見限らない」ことです。この世がどんなに悲惨でも、自分でこの世を見限らないのです。だから、忍耐には、慰めがあり希望があり、滅びではなく、「命をかち取る」命の道があるのです。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光