HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 新人類が現れた

新人類が現れた

説教要旨(11月27日朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 5:13-21
牧師 藤盛勇紀

 「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」。キリストと結ばれて生きる人は、万物が創造された時以来の、新しい創造に与った者、新しくされた者です。これの事実を知らなければ、何度クリスマスを迎えようと、何度新しい年を迎えようと、何度思いを新たにして決断しようと、恵みを無にすることになってしまいます。
 私たちは「すでに新しくされている」とは、どういうことでしょうか。「一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります」とあります。この言葉は非常に重大なことを言っています。「一人の方」とはイエス・キリスト。このお方が十字架につけられて死なれた以上、「私たちもすでに十字架で死んだ」というのです。新しく創造された者、新しい人として生きるということは、「すでに死んだ者」として生きることです。
 1コリント15章で、キリストは「最後のアダム」と言われています。キリストは、アダム以来の全ての人間を代表し、全ての人の罪を背負って十字架についてくださって、アダム以来の全ての人間の罪と死の定めに、決着をつけられたからです。
 それは何のためか。「その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分のために死んで復活してくださった方のために生きることなのです」。私たちがキリストの十字架と共に死んだのは、「復活してくださった方」、今生きておられるイエス・キリストと共に生きるようになるためです。
 全ての人間はアダムにつながる者、つまり古い創造に属しています。だからどうあがいても、誰一人アダム以来の罪と死の定めから逃れることはできません。しかし、キリストが「最後のアダム」として死なれ、アダム以来の罪は処理済みとなりました。
 このキリストに結ばれる者は「第二の人」、「新人類」です。アダム以来の人間とは違う「新しい人」。だから、キリストは「最後のアダム」と言われると同時に、「第二の人」とも言われるのです。
 キリスト者であれば誰でも、イエスは私のために死んでくださったと信じています。ならば、私はすでに死んだのです。「すでに死んだ」と言われてもそんな実感はない、と言われるかもしれません。しかし、この恵みは滅ぶべきものに属する事実ではなく、見えない神の領域にある事実です。主イエスの十字架による赦しを信じていることと同じです。誰も見たこともないのに、私たちは主を信じ、愛しています。
 「そんなあなたでも、古い自分に死んで新しくされた者だと言えるのか」という言葉が響くかもしれません。それは、誘惑者、偽り者であり、神の真理や恵みを疑わせるように働く悪魔的な声、サタンの声です。
 その時、自分を内省してはだめです。恵みは外から来るからです。自分の正しさや自分の肉の感覚を信じるのでなく、御霊が証しする御言葉を信じるのです。私たちは自分の正しさによって生きるのではなく、信じたように生きます。「義人は信仰によって生きる」からです。
 私たちは、様々なことを見聞きし、新しい物事に驚かされたり恐れたり、新しい経験をします。しかし、私たちが見るべきは、神から与えられている事実です。その事実を見て、その恵みの内を歩んでいるなら、私たちが経験することは恵みの具体化です。信仰によって聞いて、知らされたことが、私たち自身の中に、その生活の中で確かめられていくのです。
 「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」と、御言葉は私たちに告げています。聞いて、信じて、その事実を見ましょう。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光