HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 人間のたくらみ、神の備え

人間のたくらみ、神の備え

説教要旨(12月4日 朝礼拝より)
ルカによる福音書 22:1-13
牧師 藤盛勇紀

「イエスが十字架につけられて殺されることになったのはなぜか」。出来事の表面だけを見るなら、イエスの十字架の死は、彼を憎む者たちと手を結んだユダの裏切りに端を発します。さらに他の弟子たちの裏切りが加わり、扇動された民衆の愚かしい興奮が起こり、総督ピラトの自己保身の思いが、その流れに棹さします。
 しかし聖書は、人の思いによって織りなされる出来事を記しながら、正反対のところからこの出来事を見ています。それは、主は予め一切を知っておられ、そのために周到に準備しておられた、ということです。
 イエス様は、ペトロとヨハネを遣いに出して、過越の食事の準備をさせます。しかし、すでに主ご自身が予め準備しておられたのでした。彼らはそれを確認して、最後の仕上げをしたのです。
 この直後、ペトロをはじめ弟子たちは皆、主を裏切ることになります。しかし彼らは後から知ります。自分たちは、主が備えられた道を歩ませられたのだと。身勝手さをも含め、人間の自由な思いや行動さえも、主はご自分のご計画のためにお用いになる。主はまさに「主」であられます。
 イエス様は弟子たちに、「準備をしなさい」と言われます。彼らが従って行ってみると、すでに整えられた場所を見せられ、「イエスが言われたとおりだったので、過越の食事を準備した」。彼らは、主が言われた通りだったから、それをしただけです。主の御心に自分の思いや行いを沿わせて、主に用いられる人は幸いです。
 実は、弟子たち以外にも主に用いられた人が出てきます。「水がめを運んでいる男」です。ふつう水がめを運ぶのは女性の仕事だったので、「都に入ると、がめを運んでいる男に出会う」と言われた時、「そううまい具合にそんな男に出会うのだろうか」と思ったでしょう。だから水がめを運んでいる男を見た時は、さぞ驚き感動したでしょう。「おお、いた! あそこにも、主に用いられている男がいる。彼は気づいていないんだろうが」と。
 一方、ユダの裏切りについては謎のままです。聖書はただ一言、「ユダの中に、サタンが入った」と書きます。サタンあるいは悪魔は、人を神から引き離すものです。人がその誘惑に捕らわれた時、逆に自分が自由になってたかのように思うのです。とくに、神から自由に自立して生きていると思い込む。それは悲惨です。行き着く先は結局滅びだからです。
 ユダはこの後どうなったか。神無しに、自分で自分に決着をつけてしまいます。命の主を見失ったなら、命も死も、結局は自分で決着をつけるだけです。サタンは、そこに私たちを引き込もうとします。
 ユダは特別罪が深い悪人だったわけではありません。罪の深さは、ユダもペトロも他の弟子たちも私たちも同じです。私たちも主を裏切り、神を無視し、神なしに自立することに喜びさえ感じた人間です。
 そのような私たちが、死と滅びの道を独り行くのでなく、神の命の道を行くようにと主はご決意なさって、人間の思いを文字通り超えた、周到な道を準備なさって、ご自身が命の道となってくださいました。
 その道で、私たちは、罪を犯しながらも、やり直すのです。理想的な人間、理想の自分などにはほど遠いけれども、私たちはユダのように、取り返しのつかないことをした自分を、自分で処分してはならないのです。預言者イザヤは語ります、「主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。わたしたちの神に立ち帰るならば、豊かに赦してくださる」(55:7)。どんな人でも、憐れみ深い主の前に出るならば、主なる神が、どれほど憐れみ深いお方か、どれよど豊かに赦してくださるお方かを知ります。だから、主の御前にこそ、私たちの無上の喜びがあるのです。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光