HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 主の御用のために

主の御用のために

説教要旨(8月7日朝礼拝より)
ルカによる福音書 19:28-40
牧師 藤盛勇紀

 主イエス一行の「エルサレム入城」と呼ばれる場面です。弟子たちも群衆も心が高揚していますが、落ち着いて見てみますと、何かおかしなところがあります。イエス様はなぜか「子ろば」に乗って入城される。預言書にもある姿とは言え、非常に乗りにくいロバの子の背に乗って、トコトコと群衆の間を進むイエス様のお姿は、何となく頼りなげですし滑稽でもあります。
 しかし、多くの弟子たちや群衆はすでに興奮状態、歓喜のるつぼです。「あのイエスが、ついにエルサレムの都に乗り込まれる、いよいよこの都で、我々の期待に応えて、この地に神の国を打ち立ててくださる」。人々は詩編の言葉を用いて、讃えます、 「主の名によって来られる方、王に、祝福があるように。天には平和、いと高きところには栄光」。
 ただ、この人々はわずか5日後には、「イエスを十字架につけろ」と叫び出し、弟子たちも皆、主を見捨てて散り散りになってしまいます。弟子たち自身、身に染みたでしょう。「先日のあの興奮は何だったのか。あの時は心から主を信じていたつもりだったが、不信仰の嘘偽りの賛美だった」。
 しかしイエス様は、群衆も弟子たちも皆裏切ることを知っていながら、「この人たちが黙れば、石が叫び出す」と、この時の賛美を肯定されたのです。なぜでしょうか。
 今日の話はこう始まっています、「イエスはこのように話してから…」。直前の「ムナのたとえ話」とつながっているのです。一人一人に、主から小さな「一ムナ」が与えられている。主に信頼してその小さなものに忠実に、大胆に用いて生きるべきことが教えられました。「このように話してから」、イエス様は子ろばに乗って入城するという、不思議な行動をとられたのです。そのために、弟子たちを使いに出されました。これは、あの「一ムナ」の話の現実化です。後で気づくことになりますが、弟子たちは実地に体験しているのです。主のお言葉に従う時、その言葉が彼らの人生となる。主の御言葉は、具体的な歴史となる。それに対して、一ムナの話にあったように、主を王として迎えたくないと思った人々は、その思いがその人の生き方となります。
 イエス様が十字架にかけられた時、弟子たちの醜い罪人の姿が暴かれました。神への賛美をもって主を喜んで迎えたあの姿は、偽りの姿だった。あの時、彼らは何もわかっていなかったのです。
 しかし、何も理解しないままで、主イエスの到来を喜び、神の国の接近に歓喜して神を賛美したのを、誰よりも主イエスご自身が肯定なさったのです。「あなたは何も分かっていなかったが、あの姿が実は本当のあなたなのだ」「神を賛美して、喜んで主に従う者の姿こそ、あなた自身も知らなかった、本当のあなたなのだ」と。
 弟子たちは、主イエスの十字架の死と復活の後に、ようやく分かりました。主の御言葉に信頼して生きた時に、どれほど驚くべき出来事があったか、どれほど喜ばしい生活があったか。それに対して、自分の正しさ、自分の信仰、自分の思いに正直になった時に、どれほど惨めだったか。あるがままの自分が、いかに悲惨だったか。
 あの時弟子たちは、不思議に思いながらも、主のお言葉を信頼して、「主がお入り用なのです」と宣言しました。「子ろばの主が、お入り用なのです」「あなたの主が、お入り用なのです」。神の御子にして救い主であられるお方が、こうしてご自分の到来の象徴にロバの子さえ用いられたように、惨めで恥ずかしい自分たちをも用いてくださって、真の命を与えてくださった。
 信仰は、自分がそのお方のものとされて、その方がくださった命を生きることです。そして、誰がなんと言おうと何がどうなろうと時がどうであろうと、断固、主のもの、神の子として生きられる恵みなのです。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光