HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 神無き世を越えて

神無き世を越えて

説教要旨(9月4日朝礼拝より)
ルカによる福音書 20:9-19
牧師 藤盛勇紀

 イエス様が語られたたとえ話も最後の話。聞いた民衆は「そんなことがあってはなりません」と反応しました。それは、悲惨で無残で無情、救いようのない話でした。
 「ぶどう園」のたとえ話を聞いていた民衆は、身近な話として聞いたでしょう。ぶどう園では多くの人が雇われています。農園の主人は必ずしもその土地に住んでいるわけではなく、農園のことは農夫たちに任せています。農園作りから日常的な経営、ほとんど一切を委ねています。農夫は僕ですが、あたかも主人のように計画を立て、知恵と力を注いで農園を作り、収穫を上げます。ぶどう園は彼らの生活であり、言わば彼らの人生そのものでした。
 その農園も収穫の時が来ます。主人が収穫を期待するは当然です。主人は僕をぶどう園に送りました。「ところが、農夫たちはこの僕を袋だたきにして、何も持たせないで追い返した」というのです。主人は何かの間違いではないかと思ったのか、二人目の僕を送ります。ところが二人目も袋だたきにされました。主人はお人好しだったのでしょうか、また忍耐して、三人目の僕を送ります。しかし、結果は同じです。
 農夫たちは、徹底して主人に反抗したのです。「主よ、あなたにお返しするものなど、何もない。我々が労苦して収穫したものなんだから、一切は我々のものだ」と、そういうことでしょう。
 「仏の顔も三度」と言います。ところがこの主人は、何を根拠に農夫たちを信頼したのか、自分の愛する息子を農園に送ってしまうのです。はたして、農夫たちはこの主人の息子を殺してしまいます。
 ここまで来ると、「それは酷い話だ。そんなことがあってはなりません」と言いたくなります。しかし、イエス様が語っておられるのは、神様と私たちの関係なのです。人間は神を侮り、反逆し、神を血祭りに上げる。生々しい現実です。そして、言うまでもなく「主人の愛する息子」は、主イエスご自身です。
 何かがおかしい。何かが間違っている。何でしょうか? それは、主人が自分たちを信頼して園を任せてくださっている、なのに、それを認めようとしないことです。逆に言えば、私たちには主人がいるということです。私たちはそのお方によって生かされ、用いられている「僕」なのです。
 「僕」と言われると良い気持ちがしないかも知れません。しかし、私たち自身の存在そのものが与えられたものではないですか。自分で造ったわけではなく、自分でオーダーしたわけではない自分を、気づいたら与えられ、生きていたのです。
 主なしには、私たちは何のために存在しているのか、何に向かって生きているのか分かりません。責任も分からず、使命も分かりません。自分の人生のことは、自分では決められないのです。
 「僕」は自分勝手に目的を決めることはできません。主人の目的があり計画があり、意図があります。主人が善いお方であるなら、主人は自分の期待や希望や喜びを、僕たちと分かち合いたいのです。僕が喜ぶことがご自分の喜びなのです。
 主人(客)のいないタクシーは「空車」。しかし主人が乗り込んだら「実車」になります。私たちの人生も、主を拒否する「神無き人生」だとしたら、取りあえず流すだけの空しい人生でしょう。しかし神は、窓を叩いて、私たちの人生に乗り込んで来られます。
 人間は「神がいないかのように」生きてしまう。しかし神は、「私たちがいないかのように」は働かれません。私たちに乗り込んで、私たちを生かし動かすのです。すると、私たちは神が無いままではいたたまれなくなります。主なるお方は乗り込んで来られ、意味あり、実もある命を走らせてくださいます。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光