HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 解放の時は近い

解放の時は近い

説教要旨(10月23日 朝礼拝より)
ルカによる福音書 21:20-28
牧師 藤盛勇紀

前回の箇所に続いて、「終末の徴(しるし)」についてイエス様が語られた言葉です。一連の話の始めは、エルサレム滅亡の予告でした。神の都エルサレムの神殿が、完全に崩壊する(6)。当時の人々にとって、そんなことがあるとすれば、世の終わりの時だと思われました。しかし、それは紀元70年に現実となります。「その日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ」(23)とありますが、ローマ軍に包囲されたエルサレムでは、食糧が尽きて自分が産んだ赤ん坊をさえ食べたというのです。そうした地獄の惨劇がこの世には起こります。
 しかし主は言われます、「エルサレムが軍隊に囲まれるのを見たら、その滅亡が近づいたことを悟りなさい、そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい」と言われます。エルサレムと運命を共にするな、そこに見られるのは、「神の怒りが下る」(23)、裁きの事実なのだ、あなたがたがそれを悟ったなら、あなたは一緒にその中にいなくてよい、ということでしょう。
 悲惨はエルサレムにとどまりません。地球規模の激変とでもいうべき事態が起こり、「諸国の民は、なすすべを知らず、不安に陥る。人々は、この世界に何が起こるのかとおびえ、恐ろしさのあまり気を失うだろう」。現代の世界もこの通りです。しかし、主は「惑わされるな、おびえるな」(8,9)と言われました。これらもまだ予兆、しるしであって、本当に見るべきことは、その次なのです。「そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る」。
 「人の子」とは、世の終わりの時に救いをもたらす者が来られるという、ダニエル書に語られているヴィジョンですが、イエス様はしばしばご自分を「人の子」と呼ばれました。その「人の子」を、終わりの時に「人々は見る」というのです。だから、「身を起こして頭を上げなさい」と。
 それは、「このようなことが起こり始めたら」です。悲惨なことが起こり始めたら、人は、恐れ戸惑い、おびえてうなだれます。しかしそこで「頭を上げよ!」と言われるのです。なにをうなだれているのか、あなたがたの解放の時が来ているのだ。
 戦争や地震、飢饉や病気、天の異象や社会的混乱、それはいつの時代でも「起こるに決まっている」と主は言われました。人はすぐに忘れてしまいますが、最後まで持ちこたえる確かなものなど何もないのです。この目が見ているものは、必ず失われます。それを思い知らされて、うつむきそうになる時にこそ、「身を起こして頭を上げよ」と主は言われます。解放の時、救いの時が近いからです。
 たしかに神は全てを裁かれます。私たちも自分を罪なしとすることはできませんが、その時こそ「解放の時」「救いの時」「贖いの時」なのです。私たちが裁かれる時、そこには、私たちの罪のために御自分を献げて、血を流してくださった「人の子」イエスがおられるからです。このお方がおられるなら、私たちは何を恐れ、うなだれることがあるでしょうか。
 今もなお、地上から戦争が絶える気配はありませんし、大地震も次々起こり、火山も噴火し、不安が去ることはありません。しかし、頭を上げましょう。救いは遠ざかっているのではなく、近づいているからです。世界がどのように見えようとも、どのようなかたちで私たち自身の人生が終わろうとも、それは「終わりではない」のです。主がおられるからです。私たちは、顔と顔を合わせて主とまみえるまで、決してお終いはありません。何があっても、決して終わらない。「私を信じる者は、たとえ死んでも生きる。あなたはそれを信じるか」と主は言われました。たとえ死んでも生きる。私たちの終わりは、解放の時、救いの完成、主と共にある喜びの時だからです。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光