HOME | 説教 | 説教(2018年度) | 死の涙の終わり

死の涙の終わり

説教要旨(4月1日 イースター礼拝より)
ヨハネによる福音書 20:1-18
牧師 藤盛勇紀

 近年一般的にも名前が知られるようになってきた「マグダラのマリア」。イエス様と出会う前の彼女は、七つの悪霊に取り憑かれていましたし、いわゆる「罪深い女」と考えられてきました。そんなマリアに、イエス様は目を向けられました。イエス様との出会いによって、マリアは初めて一人の人間として迎えられたのでしょう。そして彼女は他の多くの人たちと一緒に、イエス様と弟子の一行に仕え、主のお言葉を命の糧として聞いていたのです。しかし、その喜びは長くは続きませんでした。イエス様は多くの人々に捨てられ、弟子たちに裏切られて十字架につけられ、群衆の嘲りを受けながら、惨めに死んでしまったのです。
 マリアは、安息日が明けた日曜日の朝を待ちかねて、イエス様が葬られた墓に向かいます。イエス様のいない人生は考えられない。たとえ亡骸(なきがら)でもいいから、主にお会いしたい。しかし彼女が見たものは、空っぽの墓穴でした。なぜかイエス様のご遺体も無い。混乱した彼女は弟子たちの元に走り、この事態を知らせます。ペトロともう一人の弟子が墓に走りましたが、彼らもやはり、空っぽの墓を確認しただけで、家に帰るしかありませんでした。
 マリアは一人墓に残り、泣いていました。泣いているマリアに誰かが話しかけます。「婦人よ、なぜ泣いているのか」。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません」。そう言いながら、マリアは後ろに立っているイエス様を見ます。しかし「マリアは、園丁だと思って言った。『あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります』」。そこでイエス様は改めて「マリア」と名前を呼ばれます。えっ!?「彼女は振り向いて、ヘブライ語で、『ラボニ!』(先生)と言った」。
 マリアは自分の目でイエス様を見ていたのに、声をかけていただくまで「それがイエスだとは分からなかった」というのです。主が、語りかけてくださる。そこで生きておらる主に気づくのです。「先生!」 思いもしないイエス様との再会でした。
 マリアは思わずイエス様に抱きついたのでしょうか、「わたしにすがりつくのはよしなさい」と主は言われます。復活の主は、マリアが自分で捕らえるべきお方ではない、主が、マリアを捕らえてくださるからです。
 私たちの信仰も救いも、自ら獲得するのものではありません。生きておられる主に気付かされ、主に結ばれて与る命なのです。イエスの復活も、理性や知性で理解し把握しようとしても無理です。あるいは「信じよう」という努力や学びによって信じられるものでもありません。つまり、《私たちが主ではない》のです。私たちはただ、主によって、気付かされるのです。生ける主に気付いたから、お応えするのです。
 復活の主と共に生きる命は、死という隔たりを越えてしまっています。私たちの目に映る死は、どうしたって《終わり》です。死を超えて何をも持って行くこともできません。すべてが死の前で奪われます。
 しかし、私たちが自分自身を失ってしまったとしても、主は私たちを捕らえ、決して手放されません。だから、主なる神との関わりだけは、死によっても奪われません。むしろ、失われていた私たちを、主は捕らえ、支え、交わりを保ってくださいます。
 パウロはこう言いました、「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか」。死の棘は抜かれた! 死はもはや私たちを支配しない! 死よ、お前が死んだのだ! 死に涙してただ悲嘆に暮れるのでなく、死を笑い飛ばすことができるのです。死よ、どうしたのだ? お前の棘はどこにあるのか? 死よ、お前はすでに死んでいる! イースター、おめでとうございます。