ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 一人ひとりへの賜物

一人ひとりへの賜物

説教要旨(7月29日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 4:4-13
牧師 藤盛勇紀

 短い聖句に、「一つ」ということが7回繰り返されています。ここで言われる「一つ」は、私たちの「主は一人」であるという事実から来ています。「すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、すべてのものを通して働き(すべてのものを貫き)、すべてのものの内におられます」とは、木や石にも神が宿るなどといった、何か汎神論のようなことではありません。私たちの主イエスによって知った父なる神は、あらゆる事に生きて関わっておられるということです。
 たとえ、あなたの居場所が脅かされたり、破壊されたり、失われてしまったとしても、あなたが見失われたような存在になってしまったとしても、そこは、主なる神から失われた場所ではないし、あなたも、見失われた者ではないということです。
 だからパウロは、「主に結ばれて囚人となっているわたしはあなたがたに勧めます」(4:1)と言えたのです。明日の命も分からぬ囚われの身。しかしそれは、パウロにとっては何でもないこと、いやむしろ、主のために囚われているのだから、大いに喜んでいるのです。いつでもどこでも、決して失われることのない、確かな祝福の根拠は、一人の主に結ばれている事実でした。
 この恵みには、パウロにとっても他の人にとっても、極めて具体的なこととして現されているのです。まずパウロにとっては、「神がわたしに恵み(《の職務》:新共同訳では省略)をお与えになった」(3:2)こと、つまり福音伝道者とされているという恵みです。福音のために投獄さることも、主から与えられた「自分の務め」だから、悲しむべきことではなかったのです。恵みの具現化だったのです。
 これは、パウロほどの人物だからそのように受け止められた、ということではなく、「わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています」。つまり「一人一人に」恵みの《務め》が与えられているのです。
 一人の主が賜る恵みによって、私たち一人ひとりに恵みの《務め》がある。一人ひとりに《異なった務め》があり、《異なった場所》がある、ということです。あなたの務め、あなたの場所があるのです。
 この恵みをお与えになる主は、人となって世に来られて、救いの御業を成し遂げて、私たちを引き上げ、天のあらゆる祝福で満たしてくださいました。そして、地にある私たちに聖霊を与えてくださいました。このお方について、パウロはこう言います、「この降りて来られた方が、すべてのものを満たすために、もろもろの天よりも更に高く昇られたのです」。
 主が低く降られ、また昇られたのは、「すべてのものを満たすため」だというのです。主御自身が、私たちすべてに、そして万物に、充ち満ちるのです。こうして、キリストは、《いつでも、どこでも、誰にでも、どんな状況であろうと》、そこに、共におられ、働いておられるのです。あなたがうなだれていても、力を落としていても、主は力あるお方です。今日に至るまで休むことなく働いておられ、私たちを通し、私たちを用いて、地に御心を行っておられます。
 だから、《恵みの務め》だというのです。これは「一人ひとりに」「別々に」与えられています。だから、他の人を見て「あの人にはあるのに、なぜ私にはないの?」とか、「あの人はしないのに、なんで私がやらなくてはいけないのか」などと、人と比べて自分の恵みを量るようなことは無用です。
 他の人はどうなのだろうか、ではありません。あなたの主が、あなたに対して、「あなたは、私に従ってきなさい」と言われます。他でもないあなたに対して、主はご計画を持っておられ、あなたを用いて御心を現し、すべてのものをご自身で満たそうとしておられるのです。