ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 結婚のミステリー

結婚のミステリー

説教要旨(10月7日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 5:29-33
牧師 藤盛勇紀

 「わが身を憎んだ者は一人もおらず、…わが身を養い、いたわるもの」。誰でも自分の体の具合については気になりますし、気を遣い、気を付けます。パウロはそこで言うのです、キリストは私たち教会にそのようになさったのだと。そして、「わたしたちは、キリストの体の一部」(30)だと言って、創世記第2章の言葉を引用します。「それゆえ」との言葉から始まる部分を引いていますが、「それゆえに(このようなわけで)」とは、神の御心を根拠にしていることを表しています。「人は父と母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる」、これは神の御心を根拠にして言うのだ、ということです。
 人間は誰にでも必ず父と母がいますが、最初の人アダムとエバには父母はいません。神が彼らを直接創造なさったからです。そして、女(エバ)は人(アダム)の脇腹から造られたと創世記は語ります。つまり、アダムとエバはもともと、神のかたちとして「一体」だったのです。夫婦の関係は、あらゆる人間関係の根本をなす関係ですが、それは神の御心を表すかたちであって、神ご自身の交わりの豊かさを映し出します。だから「神秘」(奥義)、ミステリーなのです。
 「わたしは、キリストと教会について述べているのです」とパウロは明言します。キリストがいかに教会を愛しておられるか。どこまで行っても、私たちに対するキリストの愛と、それをいただく恵みです。キリストの愛こそ、偉大な奥義です。
 「私たちは、キリストの体の一部」と言い、「二人は一体となる(一つの体となる)」と言います。どちらにも「体」とありますが、別の言葉です。前者の「体」は、手足があり目鼻があり、それぞれバランスと統一性を持った一つの体です。後者の「体」は、「肉」。生身の人間です。
 ヨハネ福音書は、「(神である)言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」(1:14)と言います。神であるキリストが、私たちと同じ肉を持った一人の生身の人間となられたと言うのです。いわゆる「受肉」です。
 神が、肉を持った人となられた。これこそ神秘です。肉をもって生き、肉において罪を犯す私たちのその罪を、体をもって担い、裁かれて血を流して死ぬために、神は肉をとられました。そして、私たちを御自分と結びつけ、神ご自身の霊を注いで、命に与るものとされました。そこまで神は、私たちと一体となってしまわれるのです。
 日本基督教団成立以前の旧日本基督教会の信仰の告白は、「我等らが神と崇むる主イエス・キリストは神の独子にして」と始まり、「凡(おおよ)そ信仰に由りて之と一体となれるものは赦されて義とせらる」と告白します。「信仰によって、キリストと一体となる」、これが信仰であり救いです。これは神秘、霊的なリアリティーですから、ただ信仰によってそれに与ります。パウロが語っていることはいつでも、ただ信仰のみ、恵みのみ、キリストのみです。
 私たちの救いは、この「キリストと一体となる」ことに尽きます。私たちはキリストのもの、生きておられるキリストが私を生きてくださる、だから私もキリストを生きる。主イエス・キリストと私は一体。
 キリストと私たちとの関係は、最終的に、天地が改まる時、「新しいエルサレム(神の民)が、夫のために着飾った花嫁のように、神のもとを離れ、天から下って来る」と黙示録は語ります。この「新しいエルサレム」は「小羊(キリスト)の花嫁」であり、キリストと結婚して一つとなります。そして、もはやそこには神殿もありません。神が人と共に住まわれるからです。
 私たちはこの地上を歩みながら、天上のヴィジョンを重ね合わせて見ます。花嫁が喜んで花婿を見つめるように、私たちはキリストを見つめます。人は自分が見ているものに似てきます。その人が見ているものが、その人を通して現されてくるのです。