ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | キリストが充ち満ちる

キリストが充ち満ちる

説教要旨(4月15日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 1:20-23
牧師 藤盛勇紀

 直前の19節に「神の力」とあります。「力」(デュナミス)という言葉は、ある神学者は「受け継いだ力」だと言いました。親から子に生まれながらに受け継がれたものです。キリストを信じる者は、霊から生まれた者、神から生まれた者とされました。生まれたということは、すでに何かを受け継いでいるのです。その一つが神の「力」です。
 「えっ? 私が神の力を受け継いでいる?」「私なんか」「私は弱い者です」と思われるかもしれません。パウロも「誇る必要があるなら、わたしの弱さにかかわる事柄を誇りましょう」「大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう」と言ったではないかと。しかしパウロは、「キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ喜んで自分の弱さを…」と言ったのです。弱いままではないのです。「わたしは弱いときにこそ強い」と言います。これはパウロの自信から出ているではなく、パウロに対して、主がこうおっしゃったからです、「わたし(主)の恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(2コリント12:9)。だから、「私は弱いんです」と言って弱さの中に隠れるようなあり方は、神の恵みを無にすることに等しいのです。
 私たちは「すでに」祝福され、恵まれ、力をいただいています。それは自ら努力して獲得した力ではなく、生まれながらに得ている力です。キリスト者は新しく生まれさせていただいた者ですから、すでに「持っている」のです。
 パウロは、この手紙の本文をこういう言葉で語り始めました。「神は、わたしたちをキリストにおいて、天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださいました」(1:3)。ここから語り始めたのです。私たちは神によって「すでに」どういう者とされているか、そこからなのです。
 私たちは、自分の力によってではなく、ただ恵みによって、神の子とされました。だから、私たちはすでに持っている。これは、私たちに「何ができるか、何をするか」の問題ではなく、「生まれ」の問題です。生まれながらにすでに持っている、それに気付くのは、「信仰」によります。そして、信仰は「聞くこと」によります。しかも「キリストの言葉を聞くことによる」(ローマ10:17)と聖書は言いますが、これはイエスが語られた言葉であると共に、イエス・キリストに現された神の出来事としての言葉でもあります。
 私たちはキリストの言葉を聞くことによって、眠っているものが引き出され、気付かされ、それまで知らなかった信仰的な事実、霊的リアリティーに触れます。肉の目では決して見えなかったものを見るのです。
 その時、私たちの信仰の目は、キリストの言葉を聞くように、キリストに焦点が合わされます。だからパウロは言います、「神は、この力をキリストに働かせて、…」。神の絶大な力は、キリストに働いたのです。キリストに現された出来事、主イエスの御言葉と御業は、すべて私たちの救いのためでした。すべては、私たちが神の命に与り、神の子として生きるため、私たちを通して神の御心がこの地上に行われ、私たちを通して神の御栄光が現され、神が栄光をお受けになるためです。
 神はキリストを「教会にお与えになりました」とあります。教会は、見えざるキリストの体であり、一人の主キリストに結ばれた私たちのことです。キリストは私たちに与えられました。そして、私たちはキリストのものとされています。この命の交わりの中に、キリストご自身が充ち満ちていてくださるのです。
 この祝福はすでに満ちていますから、それを知らないで生きてはなりません。私たち自身、キリストのものとされていることを受け入れ、受けいれたならば信仰の目が開かれて、神の力が現されるのです。