勝ち戦

説教要旨(8月26日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 6:1-10
伝道師 山下瑞音

 今日の聖書個所でパウロが言おうとしていることは、私たちクリスチャンは誰よりも積極的に幸せをつかみに行くことが出来るのだということです。そもそも、幸せとは一体何だろうか。私たちは何があれば幸せになれるのだろうか。普通、幸せとは豊かな生活、恵まれた人間関係あるいは体の健康などのことを意味します。しかし、豊かさも人間関係もあるいは健康も、よく考えてみれば、私たちが置かれた環境にたまたまあったものです。たまたまそこにあったものを幸せとするのは、偶然に頼る消極的な生き方ではないでしょうか。
 これに対してパウロの言っている生き方は、とても積極的な生き方です。4節から7節の言葉は、実は自己犠牲を払いなさいと言うことを言っているのではありません。パウロはむしろ、クリスチャンにとって置かれた状況は全く関係ないのだということです。原文のギリシャ語ではこの4節から8節は一つの文章になっている。そしてここでは、普通は悪いことと思われるようなことも、あるいはその逆に良いと思われるようなことも、すべてが私たちのためになるということを言っているのです。その上の次元で、私たちは本当の幸福を手に入れるのだということを示しています。
 そして本当の幸福とは、自分自身のことを深く知るところから始まります。4節に書かれている「あらゆる場合に神に仕える者としてその実を示している」という言葉は、原文では「いつでも私たちは自分自身をクリスチャンとして自信をもって推薦することが出来る」という意味です。私たちはどんな状況に陥っても、すべてを自分のために使い尽くして、いつでもクリスチャンとして胸を張って生きてゆくことが出来るということです。
 これこそ、私たちの本当の幸福です。そしてその積極的な生き方があってこそ、私たちは状況に左右されない本当の幸せを手に入れることが出来るのです。本当の幸せとは、何かがあるから幸せだとか、逆に何かがないから不幸せだというようなものではありません。本当の幸せとは、自分らしく生きることです。そして私たちはそれを自分はクリスチャンであるという誇りと自信によって手に入れてゆきます。世間の理不尽や不幸に直面した時に、私たちは祈りと信仰で真っ向から立ち向かって、それに勝利することが出来るのです。
 私たちは自分の生き方について、あるいは自分の幸福について、余計な雑音を気にせず純粋に神様と自分自身のことだけにエネルギーを使って生きてゆくことが出来ます。そして私たちが、自分はどう生きるべきかということを知るとき、私たちの人生は必ず幸福に向かって良い方向へと変わってゆくはずです。たとえ希望がなくても、そこで絶望して終わるのではなくて、神様が必ず私たちに報いてくださることを信じて、次のステップへと進んでゆくことが出来るのです。
 だから、今日の聖書個所は、「今や、恵みの時。今こそ、救いの日」だと言っています。私たちは与えられているこの一日一日を、ここから素晴らしい出来事が起こる日として生きてゆくことが出来るのです。今日の聖書個所の一番初めの部分で、神からいただいた恵みを無駄にしてはならないと言われているのはまさにこのことです。私たちは神様から恵みを頂いている以上、私たちの人生をより良いものとして幸せに生きる義務があります。そしてその始まりが、恵みの時であり、救いの日である今この時に他ならないのです。