ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 地上に敵無し

地上に敵無し

説教要旨(10月28日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 6:10-13
牧師 藤盛勇紀

 最後の勧めとなりましたが、なぜ最後に「悪魔」との戦いのことなのでしょうか。パウロが語っていることは徹頭徹尾、いつでもどこでも「主にあって」の一事に尽きます。「主にある」こと、「主に結ばれている」こと、それこそ力であり強さなのです。
 私たちがそのように主に結ばれて、主のものとして主の命を生きている。そこを最後のターゲットとして攻撃してくる者、それが悪魔なのです。悪魔の目的は、《私たちを主から引き離すこと》です。私たちが主から離れてしまえば、あとは自滅の道のみ。だから悪魔は、手を変え品を変え、姿を変え声を変え、あらゆる機会を用いて私たちにすり寄って来て、おどしたりすかしたり、誉めたりけなしたりします。それらはすべて、私たちを主から引き離すためです。
 だから、私たちの敵である悪魔は「血肉ではない」つまり「人間ではない」のです。人間は、悪魔から狙われているものです。とくに、悪魔が全力で狙う相手は「主に結ばれている者」。主のものとして、真の命を生きている者です。悪魔は霊的な存在なので、人間よりもはるかによく神を知っています。イエス様が悪霊を追い出された時も、悪霊はイエス様に対して、「お前が何者なのかは、分かっている」と叫びました。
 悪魔は、自分の運命を知っているのです。それは、火の池に投げ込まれる「第二の死」、最終的な滅びです。これが決定されている。だから悪魔は、永遠の命を約束された者たちに対して、激しい妬みを燃やしているのです。悪魔は滅びに運命づけられている。なのにキリスト者は、滅ぶべき体をまとっていながら、霊的に新しく生まれて主の命を生きている。これが我慢ならないのです。
 悪魔は嫉妬を燃やす、妬みの権化のようなものです。それで、私たちの内にある真実を、つまり私たちが主のものとされ主の命を生きていることを疑わせ、あるいはもっと他に善いものや真実なものがあるかのように思わせるのです。時には、「お前は神の恵みに相応しい者なのか」「自分は神の子だなどと、よく言えるな。こんな罪を犯しているだろう、こんな汚いところがあるだろう」とささやくのです。その悪魔の声が、時に自分の声のように思えてくることがあります。そして、「私は自らの罪の裁きを受けなければならないのではないか」と沈み、あのイエス様の十字架は何だったのか、あの尊い血潮は何のためだったのかを、忘れてしまうのです。
 ジョン・バニヤンの『天路歴程』に、主人公の「クリスチャン」が、アポルオンという悪魔と戦う場面があります。アポルオンは彼の数々の罪や失敗を暴露します。クリスチャンは悪魔の訴えに答えます、「みんなそのとおりだ」。「しかし、私の主は慈悲深く、すぐお赦しになるのだ」。
 キリスト者はまさにこの「赦し」の内容を知っているのです。私たちの主は、私たち罪人と同じ人間となって、私たちが受けるべき訴え、私たちが受けるべき裁きを、ご自分で受けてしまわれ、ご自分の命を、滅ぶべき私たちに与えてくださったのです。それは、私たちが罪人であった時。調子に乗って神を侮っていた時、その罪の只中で、主はすでに赦してくださっていたのです。神の恵みによって、私たちは「神の子」とされ、「光の子」とされている。この事実が、「暗闇の世界の支配者」にとっては、まぶし過ぎ、羨まし過ぎるのです。
 だから、私たちが悪魔に対抗する力は、主の御力とその恵みであって、ただ恵みによって生きることこそ、神の武具を身に纏った完全武装の姿なのです。
 この主の愛と慈しみによる、救いの恵みこそ、それが「主の」恵みであるからこそ、どんな力にも、どんな支配にも、どんな権勢にも、決して負けません。主イエスによって示された神の愛、これによってしっかり立て! とパウロは言うのです。