ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 見ゆる希望は希望にあらず

見ゆる希望は希望にあらず

説教要旨(4月8日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 8:18-25
伝道師 山下瑞音

 私たちは、自然という言葉を聞くと、すぐに「自然は美しい」というフレーズや「自然は豊かである」という言葉を連想します。確かに、自然は美しくて素晴らしいものです。しかし自然は、美しさや豊かさという言葉だけでは表現することが出来ないのもまた事実です。今日の聖書個所に出てくる「虚無」という言葉は、もとの言葉では「実を結ばない状態」という意味のある言葉です。まさに人間の営みや造り上げてきたものを一瞬で無駄にする力が、自然にはあります。そしてあらゆる生き物が命を削り、日々戦い続けながら生存競争を繰り広げている。自然の中には平等や弱い者へのいたわりなどというものはありません。そのなかで、呻きながら苦しんでいるのが、私たちの世界の姿なのです。しかし、苦しんでいるのは被造物だけではない。実は私たちも同じように苦しんでいて、救いを待ち望んでいるのだということがここでは書かれているのです。その証拠に、クリスチャンだからと言って、あらゆる人生の苦しみから解放されるわけではありません。クリスチャンであっても、日々の生活の中で苦しい状況に追い込まれることはあります。そして何よりも、クリスチャンであってもいずれは必ず死ぬのです。
 しかし私たちは苦しんで終わるのではありません。私たちには、希望が与えられている。そしてその希望によって私たちは救われているのだというのです。ではその希望とは一体何でしょうか。それは、虚無、つまり結局すべてが無駄になってしまうような状況から解放されるということ。私たちは最後に消えてなくなってしまうのではなくて、命をつなぐことが出来るようになるということです。そしてこの希望が本当なのだということが、あのイースターの朝の出来事によって世界中に示されたのです。先週、私たちはイースターの礼拝をささげてイエス様が復活なさったことをお祝いいたしました。イエス様が復活なさったということは、人は死んで終わるのではないという神様の約束の何よりの証拠です。そしてその約束を信じることで、私たちは今どんなに苦しいことが起こったとしても、どんなにつらいことや悲しいことがあったとしても、喜びながら生きてゆくことが出来るのだということを、今日の聖書個所は言っています。
 さらに、そんな私たちが、この世界の被造物すべてをも救うのだということが、ここでは書かれています。19節の神の子供たちというのは、まさに今ここにいる私たちのことです。創世記を読んでみると、そもそもこの世界が虚無に屈服させられているのは、人間に責任があるのだということが書かれています。本当は人間がこの世界を正しく支配するべきだったのに、肝心の人間が罪を犯すことによって、世界全体がおかしくなってしまったのですしかしこれは逆を言うと、人間が救われれば、世界全体が救われるのだということになります。だから、今ここにいる私たちによって、つまり私たちが救われて希望をもって生きることによって、この世界全体が神の子供たちの栄光に輝く自由にあずかることが出来るようになるのだと、パウロは言っています。
 「現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りない。」私たちの今の苦しみと比べることが出来ないほど大きな恵みが、将来にはあるのです。「見えるものに対する希望は希望ではありません。……わたしたちは、目に見えないものを望んでいるなら、忍耐して待ち望むのです。」私たちの希望は目に見えないけれども、しかし目に見えないからこそ私たちはその希望を確信して歩んでゆくことが出来るのだというこの恵みを、ともに分かち合いたいと思います。