ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 私たちの主、イエス

私たちの主、イエス

説教要旨(11月18日 CSとの合同礼拝より)
ルカによる福音書 5:1-11
牧師 藤盛勇紀

 イエス様は群衆への話を終えると、シモンに言われます、「沖にこぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」。漁はとっくに終わっています。しかも漁師たちは夜通し漁をしたのに収穫ゼロ。もう網も洗ったし、早く家に帰って眠りたい。しかしシモンは、「お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えます。心の中では納得していなかった、それでも主が言われるからとやってみると、これまで経験したことのない大漁。シモンは思わず、「主よ、私から離れてください。私は罪深い者です」とひれ伏して叫びます。一緒にいた者も、皆驚き恐れました。
 ペトロは「俺のような人間は主に近づいちゃいけない」と恐れましたが、主は、「あなたはこれから私と一緒に人間の魂を神に導く者となるのだ」と招かれるのです。思いもしなかった新しい道が開かれました。誰でも「もう無理だ」「どうせダメだ」と思うことがあります。疲れたし、また失敗するのも見えている、一歩踏み出すのが怖い。しかし主は、「恐れるな」と何百回も言われます。恐れるな!思い悩むな!雄々しくあれ!私はあなたといつまでも共にいるから!
 イエス様のことを「先生」と呼んでいたシモンは、「主よ!」と叫びます。「主」は、私たちがいつでもどこでも、どんな時にも、一緒にいてくださって、いつでもどこでもどんな時でも、この方に聞いて、信じて従ってよい、そういうお方です。私たちに力を与え、知恵を与え、励ましを与え、命そのものを与えるお方です。
 だから信頼してよいのです。信頼して、恐れずに近づいてよいのです。自分には力がなく知恵もない、だから恐れてしまう。それでも、主が言われるなら、前に進んでよいのです。御言葉に従って一歩踏み出してみたら、思いもしなかったことを経験させられる。聖書にはそうした証しが満ちています。見える現実は無理だ、不可能だと思わせるし、人もそう言う。しかし見えない神の真実は「あなたが信じて一歩踏み出せば、私が道を拓く!」と言われるのです。
 幼な子は何の恐れもなく「パパ-!ママー!」と親の胸に飛び込みます。信じている者は、飛び出せるのです。からし種一粒の信仰があれば、畏れの山も動くのです。
 主は言われた、「私は正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来た」。あなたが、罪深い者でも、シモンのようなお調子者でも、心の中で疑っていた者でも、主は、「そんなあなたのために、私は来たのだ。そんなあなたが神と共に、神の命を生きるために来た。そのために私は、あなたの罪を負って、命を差し出すのだ」と言われます。イエス様はそのために十字架について下さったのです。
 このお方を主と信じて近づくなら、「お言葉ですから」と、信じて踏み出せば、そこには主ご自身が私たちのために拓いてくださる道があります。