ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 新しい人間の創造

新しい人間の創造

説教要旨(5月20日 ペンテコステ礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 2:14-22
牧師 藤盛勇紀 

 「キリストはわたしたちの平和であり」、キリストは「平和を実現し」「敵意を滅ぼされました」。これは、イスラエルと異邦人の和解の話ではなく、神と人間との関係の問題です。民族関係、国家間のレベルでも平和が実現されることは重要な問題ですが、そのレベルの平和が実現していても、そこに生きる私たち自身が平和(平安)の内に生きているかどうかは別問題です。
 パウロは言いました、「わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており」(ローマ5:1)。平和とは、この「神との間の」平安です。そのような平和を妨げるのは、憎しみや争いではありません。「敵意という隔ての壁」とは何のことでしょうか? 「(キリストは)壁を取壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました」とあるように、《律法》のことです。
 神の言葉「律法」は、イスラエル人の誇りでした。「自分たちは、律法を持たない異邦人とは違うのだ」と。ところが、その律法の要求することを行えず、律法によって神との距離を思い知らされることになりました。その意味で、律法は「隔ての壁」となったのです。
 律法自体は良いものですが、人間の側に罪があるためにそれを行うことができず、行えないから神に近づきがたくなる、それで、神と「よそよそしい関係」となる。こうして、良いものであるはずの律法が人間の罪を暴くこととなり、神に近づくことを決定的に妨げたのです。
 しかし、隔ての壁としての律法は廃棄された、壁は破壊されたというのです。それは、「キリストの血によって」「十字架によって」です。すなわち、神が全て、完全に、一方的にしてくださった「恵みによる」のだと。これは神から差し出された和解です。
 キリストが「二つのものを一つにし」というのも、神との関係のレベルの話です。「両者を一つの体とし」た、すなわち「キリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げ」たと言います。
 キリストにある平安、神との和解とは、《新しい人に造られること》です。これは新創造。キリストにおいて《新しい人類》が造られたのです。だから、キリストは「最後のアダム」と言われ、「第二の人」と言われます。アダムに連なる全ての人間は、罪の結果としての死に定められていますが、それは十字架において《終わり》にされています。しかしキリストに結ばれる者は「第二の人」新人類。「それで、このキリストによってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、御父に近づくことができるのです」。
 この事実を私たちの内にもたらしてくださるのが主の霊、聖霊です。聖霊は私たち自身にキリストを証ししてくださいます。この「一つの霊」によって「新しい人」とされた私たちは、「もはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族」です。
 いわゆる「人類みな兄弟」、仲良くやりましょうということではありません。「神の家族」とは、霊的に新しく生まれた者、神から生まれた者たちです。アダムに属する者ではなく、神に属する新人類なのです。神の家に生まれた者だから、「天のあらゆる霊的な祝福で満たされた」(3)とパウロは最初に言ったのです。キリストに結ばれて、私たちは王子・王女です。だから天のもの主のものは、私たちのものです。この祝福の内に生きることこそ真の平安であり、人間のレベルの平和の、真の基礎なのです。
 箴言10:22にこうあります、「人間を豊かにするものは主の祝福。人間の労苦は何も加えることはできない」。人間の労苦、人間が自分で獲得するものでは、とうてい人間の根底にある飢え渇きは癒されません。人間を豊かにするものは主の祝福、そこに生きるのが真の平安です。
 






更新情報

2018.8.20

8月12日朝礼拝「新しい人を着る」

2018.8.13

8月5日朝礼拝「成熟した人とされる」

2018.8.6

7月29日朝礼拝「一人ひとりへの賜物」

「路の光」追加。

「教会規則」再掲載。

※「路の光」「教会規則」のアクセスにはパスワードが必要です。