ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 神の愛に留まる

神の愛に留まる

説教要旨(9月2日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 5:1-5
牧師 藤盛勇紀

 「神に倣う者となりなさい」とあります。そんなことできるのでしょうか? しかし「あなたがたは神に愛されている子供ですから」とあり、キリストが私たちを愛して御自分を献げてくださったのだから、その「愛によって(愛の内を)歩みなさい」とあります。ですから、「神に倣う」というのは、神とキリストの愛の内を歩んで、神の愛を映すように生きることでしょう。
 ここでの「愛」はアガペー、神の愛です。人間の愛とは違います。人間の内にはこの愛はなかったし、生まれながらの人間はこの愛を知らなかったのです。イエス様は、あの最後の晩餐の夜、長い祈りをなさいました。その最後の言葉はこうです、「わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしの彼らの内にいるようになるためです」(ヨハネ17:26)。この祈りの中でイエス様が繰り返し言われたことは、《父と御子の交わりの内に、弟子たち(私たち)をおらせる》ということです。そのためにイエス様は来られ、十字架で死なれたのです。
 「愛は神から出るもので」「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります」(1ヨハネ4:7,10)とあります。今日の箇所にもその愛が語られています、「キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださった」と。
 ローマの信徒への手紙の5章にもこう言われています、「わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」。この言葉の直前に、「正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかもしれません」とあるように、誰かのため何かのために自分の命を捨てる人はいます。しかし、キリストは「罪人のため」に死なれた、そこに「愛」が示されたというのです。神から離れ、神を侮辱し、恵みを踏みにじるような者のために命を捨ててくださった。罪人が神の恵みを受け入れる見込みも保証もない、「にもかかわらず」命を捨ててしまわれた。ここに神の愛が現されているのではないでしょうか。
 「神の愛」は、人間に全く依存しないのです。私がどうであろうと、あなたがどうであろうと関係ないのです。だからこそ、私はこのお方に安心して委ねることができます。私はこのお方のものとされて本当に良かった、と思えるのです。もうどんなことがあっても、キリストに結ばれた者は罪に定められることはないし、天にあるものも地にあるものも、どんなものも、決して神の愛から私たちを引き話すことはできないのです(ローマ8:35~39)。
 キリストに結ばれた者も、なお罪を犯しますし、辛い経験もあります。しかし神の罰や呪いなどは全く考えなくてよいのです。なぜなら、私の上に降るべき呪いは全て、いけにえとなられた主イエスの上に下されたからです。だから、キリストの十字架は私の平安なのです。
 私はそのように神に愛された子であり、神から生まれた者、神の尊い作品で、神の愛子です。だから今も後も、私の人生の終わりも「よし」とされている、それを知っています。神は私を存在させてくださっただけでなくて、神の子として神の愛を味わって生きるよう生かしてくださっています。私の人生がどんな人生になっても、「これでいいのだ」と言える。そのように神の愛を味わう人生を作ってくださいます。その意味で、私は《神の映し》です。その真実を思うと嬉しいのです。誰が何と言おうと、そうです。「神に倣う者」は、神の愛の内を歩み、神に感謝し賛美して「感謝を表す」、嬉しい者なのです。