ホーム | 説教 | 説教(2018年度) | 我らは神の住まい

我らは神の住まい

説教要旨(5月27日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 2:19-22
牧師 藤盛勇紀 

 この第2章は、「さて、あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために死んでいたのです」という言葉で始まりました。私たちは神との関係が切れてしまったために、自分の存在も命も、その意味も目的も分からずに、失われた者でした。神との関係で霊的に死んで、ただの肉なるものとして生きていた、だから「生まれながら神の怒りを受けるべき者でした」と。この神との「遠さ」が「異邦人」という言葉で象徴されていました。
 しかし、そんな異邦人だった私たちは、「もはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族」だというのです。私たちは天に本国を持つ者として、この世では寄留者・旅ですが、ここでは、世になじまない「よそ者」「根無し草」的な意味で言われています。そうした感覚は、誰でも感じさせられているのではないでしょうか。それで自分の居場所や行き先を求め続けて止まない故郷喪失者なのです。
 先日、夏目漱石自筆のハガキが見つかったとのニュースが伝えられました。漱石が英国留学中に友人に宛てた絵はがきで、「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」と、異国の地で文字通り異邦人とされている者の率直な思いを打ち明けています。聖書は、そうした神から失われた人間の、根本的な条件を「異邦人」とか「寄留者」という言葉で表現したわけです。
 しかし、「しかし、今や」と言うのです。あなたがたは以前はそのような「よそよそしい異邦人」だった。所在なく、どこから来てどこへ行くのかも分からない、失われて漂う根無し草だった。しかし今や、「近い者となった」と。
 それで、「従って」なのです。したがって「あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもない」。異国の地で「僕は独りぼっちで淋いよ」と嘆く者ではない。ではどういう者なのか、「聖なる民に属する者、神の家族」、神のロイヤル・ファミリーなのだ。
 それは「使徒や預言者という土台の上に建てられている」とあります。私たちが神の家族とされたのは根拠がある。それは「使徒や預言者という土台」なのです。それは聖書全体でもあります。聖書は、神が御子イエスを世に与えてしまわれたことを告げます。このお方の血によって、神と人とを隔てていた隔ての壁は、すでに取り除かれた。だから、「そのかなめ石はキリスト・イエス」なのです。「かなめ石」は建物を構成する石全体を支えます。全てはキリスト・イエスにかかり、私たちはこの方に結ばれて一つとされ、「神の家族」とされています。
 ここでは、神殿という建物のイメージで語られていますが、この「神殿」は、異邦人は絶対に入れない「聖所」を表す言葉です。しかし、主イエスが十字架で血を流して死なれた時、至聖所とその外を隔てていた幕が上から下まで真っ二つに裂けました。神の御子の血によるならば、私たちは誰でも「御父に近づくことができる」ようにされたのです。さらに、私たち自身が神殿そのもの、至聖所そのものとされ、私たちの内に神御自身が住まわれます。それで私たちは、キリストに結ばれて共に建てられ、「神の住まい」となるのです。
 私たちが神の神殿、神の住まいです。 私たちを通して、神に近づくことができる、神にお会いすることができる、と言ってもよいのです。ここでは、そのように「成長する」のだと言われていますから、私たちキリスト者、教会は、このような「神の住まい」とさせていだく歩みを、実地に、実際に経験していき、主との親しい交わりを持ちながら生きるのです。
 主イエスは「インマヌエル」とも呼ばれます。つまり「神は我々と共にいます」。この恵みの事実をこの世に現すのが、他でもない私たち「神の家族」、神の王子・王女たちです。
 






更新情報

2018.8.20

8月12日朝礼拝「新しい人を着る」

2018.8.13

8月5日朝礼拝「成熟した人とされる」

2018.8.6

7月29日朝礼拝「一人ひとりへの賜物」

「路の光」追加。

「教会規則」再掲載。

※「路の光」「教会規則」のアクセスにはパスワードが必要です。