HOME | 説教 | 説教(2014年度) | 新しい喜び

新しい喜び

説教要旨(6月15日朝礼拝)
ルカによる福音書 1:57-66
牧師 藤盛 勇紀

 洗礼者ヨハネが生まれた時、「近所の人々や親類は、主がエリサベトを大いに慈しまれたと聞いて喜び合った」といいます。
その子に名前を付ける日、親類の誰かが言います、「父親の名前を取って、ザカリアとするのがよいだろう」。周りの人たちもそれが良いと思ったでしょう。ザカリアもエリサベトも「神の前に正しい人で、主の掟と定めをすべて守り、非のうちどころがなかった」真面目な人でしたから、しきたりに従うはずでした。
 ところが、皆が喜んで考えてくれた名前をエリサベトは拒否するのです。「いいえ、名はヨハネとしなければなりません」。人々は驚き、ザカリアに尋ねます。「父親のお前は、こんなことでよいのか」というわけです。ザカリアはまだ口が利けないままだったので、板に書きました。「この子の名はヨハネ」。人々は皆驚きました。
 「すると、たちまちザカリアは口が開き、舌がほどけ、神を賛美し始めた」というのです。長い間、ザカリアは口が利けないままでした。しかし、神様が言われた通り、自分の子供に「ヨハネ」と名付けた、その時、ザカリアの口は開いたのです。そして、やっと開いた口から出てきたのは、神様への賛美でした。
 不満や鬱憤が貯まっていたとしても不思議ではありません。しかしザカリアから溢れ出たのは、神への賛美、感謝、喜びでした。神様は本当に自分たちを御心に留めてく下さって、ご計画のために用いて下さる。その喜びが、一気に解き放たれたのです。
 ところが、ザカリアから溢れ出た喜びが、周りにいた人々にとっては「恐れ」となりました。周りの人々も喜んでいたはずです。ところが、彼らとザカリアやエリサベトの喜びとは、なぜかずれているのです。
 何が違うのでしょうか。神を信じる者として喜ぶとき、なぜか周りの人々とずれる、同じ喜びにはならない、ということがたしかにあります。たとえば、私たちがこうして礼拝へと集うのも、周りの人々にとっては、「せっかくの日曜日の朝なのに、何が嬉しくて」と思われるはずです。
 思想家のパスカルは、キリストの救いを本当に味わった人でした。彼にはジャクリーヌという妹がいました。修道院に入った、真面目で信心深い妹です。ところが妹は、兄がいつも嬉しそうにしているのが不思議なのです。罪を悔い改めた人が、そんなに嬉しそうにしているのはおかしくないか、と思うのです。
 ザカリアとエリサベトも、ジャクリーヌのように真面目を絵に描いたような人たちでした。でも彼らには、新しい喜びが到来しています。それは、福音の喜びと言ってもよいでしょう。たしかにまだ主イエスはマリアのお腹の中です。しかしヨハネは、救い主キリストのために生まれてきた子です。キリストのために生きる者の喜びが、もうすでに始まっているのです。
 この喜びは、ザカリアたちのような真面目で信仰深い人でさえ、まだ知らなかった喜びです。「いったい何の喜びか」と思わせる喜びです。「非のうちどころのない信仰深い人」と呼ばれるよりも、「何を喜んでいるのかこの人は」と言われたい。福音は、人をそのように変えるのです。
 「ザカリアは聖霊に満たされ、預言した」(67)とあります。ザカリアは聖霊によって、分かったのです。神様がこれまで預言者を通して語ってこられたこと、生きておられる神が、いまこの私を呼び、生かしてくださっている。それがわかるということは、なんと嬉しいことでしょうか。神は生きておられ、私を通し、私をも用いて、憐れみの御心を現して下さり、救いをお与えくださると。ここに、人が知り得なかった、新しい喜びがあるのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密