HOME | 説教 | 説教(2014年度) | もう泣かなくてよい

もう泣かなくてよい

説教要旨(11月2日朝礼拝より)
ルカによる福音書 7:11-17
牧師 藤盛勇紀

 ナインという町に近づいた時、イエス様は、ある若者を葬る葬送の列に出会われます。向こうから、棺を担いだ葬列がやってきます。ただ泣くか寄り添うしかない人々を、イエス様が待ち受けるかたちになりました。そこで主は、「もう泣かなくともよい」と言われたというのです。「主はこの母親を見て、憐れに思い、『もう泣かなくともよい』と言われた」。
 「憐れに思う」という言葉は、いわゆる共観福音書にだけ出てくる言葉です。しかもこの言葉は、主イエスと神様についてだけ使われています。この憐れみは、人が人に対して抱く憐れみとは違う「神の思い」です。そしてこの独特な言葉は、もともと「内蔵」「はらわた」という言葉が動詞になった言葉なのだそうです。「はらわた痛む」あるいは「身を焦がす」という表現がしっくりくるように思われます。
 しかも、この言葉が神に用いられる。いや、神にしか用いられない。それは、当時でも、極めて異常なことでした。しかし現代の人間も、「まさかこの私の悲しみのために、神が心を痛めるとか、はらわた痛むほど憐れむとか、そんなことがあるのか」と思うでしょう。むしろ、私たちが悲しみ嘆き、叫び求めたとしても、神は何も答えてくれないではないか、と。
 確かに、そう思いたくなる経験があるのです。とくに、死の悲しみはもうどうしようもありません。ただ泣くだけ泣くか、あるいは、死の悲しみに飲み込まれてしなわないように、無関心で、超然としているか。
 しかし、主イエスは、深く憐れまれたのです。「そして、近づいて棺に手を触れられ」たと。ここで、死に立ち向かっているのは、誰でしょうか。若者の母親ではありませんし、周りの人々でもありません。深く憐れみ、死に立ち向かい、棺に手をかけられたのは、主イエスです。
 このお方が「もう泣くな」と言われる。 なぜ、もう泣かなくてよいのでしょうか。 主がこの若者を生き返らせてくださるからでしょうか。しかし、生き返らせていただいても、この若者が死ななくなった訳ではないのです。いずれまた死にます。その時、また新たな悲しみが人々を襲うのです。
 ではなぜ、「もう泣かなくてよい」のか。この出来事を目の当たりにした人々に何が起こったのでしょうか。こう記されています。「人々は皆恐れを抱き、神を賛美して、『大預言者が我々の間に現れた』と言い、また、『神はその民を心にかけてくださった』と言った」。
 神はどこにおられるのか、神はいったい悲しむ私たちに関心をもっておられるのか、そう思いたくなるところで、神の憐れみに出会ったのです。「こんなところに、神は来ておられた!」。不思議な、喜びの発見でした。
 若者が生き返ったことが希望なのでも救いなのもはありません。死者に向かって、「起きなさい」と言われるお方が、ここにおられるという事実、主がここにおられたという事実が、救いであり希望なのです。
 詩編139編は、葬儀の時によく読まれますが、こうあります「陰府に身を横たえようとも、見よ、あなたはそこにいます」(7-10)。「陰府」というのは、あらゆるものから切り離された闇の世界、無関心の世界です。
 ところが、その陰府に「まさか、こんなところに」と思われるところに、主よ、あなたはいてくださる、とういうのです。
 死は、たしかに厳しい現実です。言葉を失う事実です。私たちは今日も確実に死に一歩近づいています。誰でもいずれ死ぬのです。それは怖いことですし、乗り越えがたいのです。しかし、「もう、泣くな」と言って下さるお方が、すでに来ておられます。私たちの恐れや、悲しみを、待ち受けるかのように、主がおられるのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密