HOME | 説教 | 説教(2014年度) | 疲れた者に力を

疲れた者に力を

説教要旨(10月12日朝礼拝より)
イザヤ書 40:25-31
伝道師 上田真由美

 「若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れる」。聖書は、若い人や壮年の者の疲れが、実は問題だと言っています。病のために疲れる、年老いたために疲れるというのは当然です。しかし、なぜ、若い人や壮年の者が疲れ果て倒れると語るのでしょうか。
 この箇所は、イスラエルが敵に捕えられ、バビロンに連行された時のものだと言われています。彼らは、敵からの様々な苦しみを受ける度に、なぜこんな状況に追い込まれたかと考えたことでしょう。神に選ばれた民でありながら、罪を犯し、神の罰を受けて、こんな状況に追い込まれている。そう気づいて、神の怒りに耐えることに疲れていったことでしょう。
 神様に向き合う存在として、神様の呼びかけに応答し従う存在として、神様は人を造られました。それなのに、人がまるで神のようになって、神様との正しい関係が壊れること、神様との間に平和を持つことができないこと、それが実は、人の魂を蝕み、疲れ滅びていくことになる、と聖書は告げます。
 預言者イザヤはこう語ります。「お前たちはわたしを誰に似せ 誰に比べようとするのか、と聖なる神は言われる」、「主は、とこしえにいます神 地の果てに及ぶすべてのものの造り主」であると。
 私たちが信じるように示されている神は、万物を造り、地の果てまで創造したお方です。そういう意味で、誰と比べても比べようのないお方だというのです。私たちは、疲れた時に、周りを見てまず、物や人から助けを得ようとしがちです。
 しかし、見るべきは「目を高く上げ」、「誰が天の万象を創造したか」なのだ。まことの創り主であるがゆえに、この神には欠けることは一つもない。その神に信頼し委ねよ、そうイザヤは語ります。
 「主に望みを置く人は新たな力を得 鷲のように翼を張って上る」。外的条件を整える人が「新たな力を得る」のではない。そうではなくて、「主を待ち望む者」が、疲れから解放され「新たな力を得る」のだ。私たちの造り主を待ち望む信仰以外に、弱り果てた魂を再び強くし、命を得る道はない、と語るのです。
 あなたが今、疲れ果てているならば、命の根源である神への信頼を失っていないかどうか点検してみる必要があるでしょう。聖書が、病の中にある人や老年の者、悪い環境に置かれている人などに生じる当然の疲れを問題にしないで、若者や壮年の者が疲れると言うのは、そういう魂を問題にしているからです。
 私たちは、いずれ死にます。そういう意味において、私たちは徐々に疲れ果てていく存在です。それなのになぜ、鷲のように強くならなければならないのでしょうか。それは、「死ぬことなく、生き長らえて主の御業を語り伝え(詩118:17)」るという神様から託された尊い、喜ばしい使命が私たちにはあるからではないでしょうか。情けない私たちであるにもかかわらず、です。
 神の恵みを語り伝える時に、人は生きている喜びを最も感じることができるのだと思います。この喜びは、この世からは決して得ることができない喜びです。行く先々で、主の御業を語る。そのために、私は死なない、私は生きるんだ、鷲のように強く生きるんだ。そう言って、私たちの造り主を公けに言い表すことで、私たちは疲れから癒される力を得ます。
 なぜならば、聖霊がそのように導いてくださっているからです。自分自身で告白しているように思うかもしれませんが、聖霊によらなければ、自分たちの主が誰であるかを知ることも告白することもできません。語る度に、自分たちの主は誰であるかが、聖霊によって、明らかになる。それが私たちの力となって、鷲のように飛び続けることができていくのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密