ホーム | 説教 | 説教(2019年度) | 行いによらず、恵みによって

行いによらず、恵みによって

説教要旨(5月5日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 3:19-26
牧師 藤盛勇紀

 「律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされない」「律法によっては、罪の自覚しか生じない」(20)。人間の力の可能性をスパッと切り捨てる厳しい言葉です。特に、神から与えられた律法を誇りとするユダヤ人にとっては、許しがたい言葉ですし、危険な思想でもあります。
 神と断絶している「罪の自覚」を、最もはっきりと突きつけるのは死です。「ユダヤ人もギリシア人も皆、罪の下にあるのです」「正しい者はいない。一人もいない」(9,10)。
 人のあらゆる業は未完成に終わる。しかも、神の前に正しことをなしえず終わる。「だれ一人神の前で義とされない」。「義とされる」とは、神との関係に歪みも欠けもなく、神との命の交わりにある、言わば完成です。しかし人間は自らその完成に至ることはできない。パウロはこの事実を突きつけ、谷底に突き落とすのです。
 ところが、この谷底から突然、高い頂にあるかのように言うのです。「ところが今や!」と。「ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が啓示されました」。神に自分をつなぐ可能性が断たれて谷底に落とされたその場所で、なんと、神とのつながりが現れたのです。切れた所でつながった!
 人間の力も可能性も希望も尽きた所に、何があるというのでしょうか? それは、《神が生きておられる》事実です。《神が》来て、おられる、のです。
 いま祈祷会で創世記を読んでいます。ちょうど先日、アブラハムとサラにイサクが生まれた所を読みました。年老いたアブラハムと妻のサラは、妻のサラに男の子が生まれるという神の約束を聞いて笑いました。「そんなことがあるか」。
 しかし、それでも主は言われるのです。「来年の今ごろ、わたしは来る」。人間の可能性は止んでいる。そんなの無理だ。でも、神は「来る」と言わるのです。神は《来る》お方。神は動かれ、出来事が起こります。なんと、「『わたしの民ではない』と言われたその場所で、彼らは生ける神の子らと呼ばれる」(9:26)。
 人間は、真の命の親を捨てた、ろくでもない放蕩息子です。しかし、イエス様が語った「放蕩息子」の父は、自分から息子に向かって走り寄り、その子を抱きます。大親馬鹿です(ルカ15章)。そのように、全能の父なる神は、人間が思いもしなかった赦しをもって、罪人に走り寄って来られます。神の全能とは、愛して止まず、決して手放さない、愛の全能です。
 神が、私の父として来ておられる。そのことを知っている。それが「今や!」です。今や、そこには何があるか。父の独り子イエスの贖いの業があります。「わたしの民ではない」と捨てられる私たちの罪を償うための、独り子イエスの犠牲の血です。罪による隔たりを埋めるため、緋のように赤い罪を真っ白にするイエスの血。西が東から遠いほどに、私たちの背きの罪を遠ざけてくださる、イエスの犠牲の血です。「神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました」(25)。
 私たちが神に近づいたのではない。神が、私たちのところに、深く降られたのです。「神の義」とは、罪人に対するこの神の愛です。だから、「神の義」は「福音の中に」啓示されているのです(1:17)。
 神の義を啓示する福音、イエス・キリストによる贖いの恵みが、私たちを新しくするのです。人間だけでは、あり得ず、可能性のなかった、起こりようのなかった、「イエス・キリストを信じる」という奇跡が、今や神によって起こされて、神に反逆する私たちが、信じる者に変えられ、恵みによって生かされ、用いられる者へと変えられます。それは、私たちの行いではなかった。ただ神の恵みによる奇跡です。