ホーム | 説教 | 説教(2019年度) | 神の子とされて

神の子とされて

説教要旨(11月24日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 8:12-17
牧師 藤盛勇紀

 前回も同じ箇所を読みました。「神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは、『アッバ、父よ』と呼ぶのです」。ここでパウロは、何か理屈や理論で説明しようとしているのではなく、一つの「事実」を語っています。神の霊・聖霊によって導かれると、私たちはどうなるのか。イエスご自身が詳しく教えられましたが、一言で言えば、《イエスの語られた言葉が分かり、その御業の意味が分かり、イエスの出来事に現された真理が分かる》のです。そして、それは《この私のため》だったと分かり、御子イエスと父が一つであるように、私たちもイエスと一つとされたと分かるのです。つまり「私も神の子」だと。これは途轍もないことではないでしょうか。
 イエス様は祈る時、神様を「アッバ(父よ)」と呼びました。馴れなれしいとも言える言葉です。聖書は神を「父」と表現する所もありますが、親しく呼びかける使い方ではありません。しかしイエス様は、祈る時は「アッバと言え」と教えられました。
 実はその時こう言われたのです。「《あなた》が祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられる《あなたの父に》祈りなさい」。誰も見ていない所で一人で祈る時、そこでは「あなたがた」ではなく《あなた》。《あなたとあなたの父》、そこでは《あなた》が《あなたの父に》祈りなさい!
 この交わりが無いままでの「あなたがた」ではないのです。イエスは「あなた」と「あなたの父」との親しい関係にあなたを招き、そこに私たちが共に招かれて、イエスと一緒に、「私たちの父よ」と呼ぶのです
 私たちが神の子であるなら、「神の相続人でもあります」。相続人である子供は、親から全て受け継ぎます。私たちは神のあらゆる良いものをいただきます。父なる神は、前の良い方であり、惜しみない方であり、あの「放蕩息子の父」(ルカ15章)のような親馬鹿なのです。放蕩の限りを尽くして財産を潰してしまった息子が、ある日、惨めに帰って来た。父は大喜びで大盤振る舞いし、飲めや歌えの大宴会を催しました。放蕩息子の兄は、一体何の騒ぎが始まったのかと思ったら、弟が帰って来たというので、父が宴会を始めたと聞きます。それを知って、真面目な兄は怒り心頭でした。怒るのも当然でしょう。でも、父は兄に言うのです。「死んだと思っていたあの子が帰って来たのだ。いなくなっていたのに、見つかったんだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前じゃないか」。
 あの放蕩息子のたとえ話は、見失った一匹の羊を探す羊飼いの話と、無くした一枚の銀貨を探す女の話に続く話です。どの話も、「見つかったら、『一緒に喜んでください』と言うだろう」とイエスは言われました。私たちの父はそういう方なのだと。
 「一緒に楽しみ喜ぶのは当たり前だろ!」。聖霊によってイエスを知り、神の愛を知ることは、この父の喜びが分かることです。だから、「アッバ!」なのです。
 私たちはあの放蕩息子のように、自分は「子と呼ばれる資格なんかない者」だと思い、「どのようにして父の所に帰ったらいいんだろう。いったい何て言ったらいいんだろう」と悩みます。しかし父は、資格のない者を憐れんで、御自分から走り寄って、何も聞かずに懐に抱いてくださる神です。それがあなたの父のだ、だから「アッバ」と呼べ!と、イエス様は言われます。私たちが「父よ」と祈るとき、イエス様に肩を抱かれるようにして、長子イエスの兄弟姉妹として、「私たちの父よ」と呼ぶのです。このイエスを私たちの内にもたらしてくださるのが聖霊です。「この霊によってわたしたちは、『アッバ、父よ』と呼ぶのです!」
 

説教一覧(2019年度)

2019.4.7
神の愛の怒り
2019.4.14
正しい者は一人もいない
2019.4.21
私があなたと共に行く
2019.4.28
起きて神を呼べ
2019.5.5
行いによらず、恵みによって
2019.5.12
信仰によって現実を生きる
2019.5.19
イエスの血による贖い
2019.5.26
価を払わずに得よ
2019.6.2
父祖アブラハム
2019.6.9
聖霊の力を受けて
2019.6.16
神さまから与えられた家族
2019.6.23
主にある救い
2019.6.30
望み得ないときの望み
2019.7.7
希望は生まれる
2019.7.14
賛美の湧き出る泉
2019.7.21
神との和解
2019.7.28
罪人を愛する神
2019.8.4
神を誇る
2019.8.11
アンバランスな恵み
2019.8.18
恵みは満ちあふれる
2019.8.25
第二のスタート
2019.9.1
死から生きる
2019.9.8
上を見て生きる
2019.9.15
神から派遣されて
2019.9.22
賜物としての命
2019.9.29
きっぱりと捨てよう
2019.10.6
まず砕かれてこそ
2019.10.13
時が迫っているから
2019.10.20
絶望から生まれた信頼
2019.10.27
あなたの怒りは正しいか
2019.11.3
肉に死に、霊に生きる
2019.11.10
祈りの動機
2019.11.17
私たちは神の子
2019.11.24
神の子とされて
2019.12.1
神の子らよ現れよ
2019.12.8
祈れない時にも
2019.12.15
万事が益となる
2019.12.22
人となった神
2019.12.29
神の主権と深い愛
2020.1.5
神が味方ならば
2020.1.12
宿命をも破る主
2020.1.19
決して離さぬ愛
2020.1.26
神の友になりなさい
2020.2.2
愛されている確信
2020.2.9
主にあって
2020.2.16
同胞のための冒険
2020.2.23
血よりも濃く
2020.3.1
神の不思議な選び
2020.3.8
イエスを主とする仲間
2020.3.15
神の怒りと憐み
2020.3.22
生きて残された者
2020.3.29
救いは向こうから来る