ホーム | 説教 | 説教(2019年度) | 私たちは神の子

私たちは神の子

説教要旨(11月17日 CSとの合同礼拝より)
ローマの信徒への手紙 8:12-17
牧師 藤盛勇紀

 今日は子供も大人も一緒に礼拝を献げていますが、子供とは誰でしょうか。今日の聖書にこうあります。「神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです」。神の霊・聖霊は目には見えませんが、私たちに働いてくださっています。霊とは息でもあり、風という意味もあります。息も風も目に見えませんが、風が吹いていることはすぐ分かります。神の霊も見えないけれども、そのお働きを見て分かります。聖霊は私たちの心に働いて、イエス様のことが分かるようにしてくださいます。
 5章にこうあります。「私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです」。それはどんな愛か。「キリストは、わたしたちがまだ弱かったころ、定められた時に、不信心な者のために死んでくださった。…わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」。
 私たちが神様を知らず、「神なんかいない、いたとしても私には関係ない、神なんか」。そう思っていた時、神様はそんな不信心な私たちを愛して、私たちが受けるはずだった罰も呪いも全て、大切な独り子イエス様に負わせました。イエス様は、私たちが神の子として生きられるように、罰も呪いも引き受けて死んでくださったのです。
 イエス様のことが分かると神様のことが分かってきます。神様のことが分かると、自分のことが分かってきます。それが「神の霊によって導かれる者」です。神の霊に導かれて、「私も神の子」だと分かる。これ以上大きなことはありません。これ以上、幸いなことも、力強いこともありません。
 「私も神の子」、これが分かる時、気づく時が来ます。今日は小さな子供たちは、お母さんやお父さんと一緒です。「ママ、パパ」とか「お父ちゃん、お母ちゃん」と呼んでいます。その子に、「あなたと一緒にいる人、本当にあなたのお母さん?」なんて聞いたら、子供は戸惑うでしょう。その人が、なぜ本当のお母さんだと分かるのか。大人は、DNA鑑定などを考えるかもしれません。しかしそれは浅はかな考えです。何の証明がなくても、その子が「お父さん、お母さん」と呼ぶ人が本当の父母であることは、何の説明も証明も必要なく子供には分かります。
 子供は自分の母親が分かっている。それは神秘的、神聖でさえあります。しかし人間は、成長し自立して行くと、その神聖なものを失って行きます。誰でも反抗期を迎えますが、人間は神に背を向け反抗し、神を侮辱し無視して生き、死んで行きます。
 しかし神は、そんな人間を求め続けてくださいます。あなたに命を与えてくださった方があなたを求め、呼び続けておられます。最も大切な方を犠牲にし、あなたに愛の霊を注いで、あなたが命の神に立ち帰るよう呼びかけ、待っておられるのです。
 その神の霊の呼びかけに気づく時がきます。どんな時でしょう? 神は無理矢理あなたを振り向かせません。神の霊は愛の霊。だから待っておられます。その呼びかけに気づいた時には、自分の声や人の声やこの世の様々な声で消さないことです。
 「この霊によってわたしたちは、『アッバ、父よ』と呼ぶのです」。「アッバ」は、子供がお父さんを呼ぶ時の言葉。赤ちゃんも「アッバ」と言います。「パパ」と言ったのか「ママ」と言ったのか分からなくても、親はもう嬉しくて仕方ありません。
 イエス様も教えてくださいました。神に祈るときは「あなたの」父に、「アッバ」と言いなさいと。あなたが自分で神を呼ぶとき、神様は喜んでおられます。子であるあなたが、あなたの父を呼ぶのですから、格を好付ける必要はありません。「アッバ」でも「父よ」でも「お父様」でも、ただ「神様」でもいい。喜んで待っていてくださる神様に祈りましょう。