ホーム | 説教 | 説教(2019年度) | 宿命をも破る主

宿命をも破る主

説教要旨(1月12日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 8:33-34
牧師 藤盛勇紀

 パウロは、自分は「罪人の中で最たる者」と自覚した人でした。それは、取り返しのつかない事件の記憶と結びついていました。最初の殉教者ステファノ殺害事件です(使徒7章)。若かったパウロはこれに加担していた。そのパウロが今、「キリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです」と言います。天の王座に座すキリストの栄光を、信仰の目で見ているのでしょう。
 不思議なのは、このキリストの姿をあの時のステファノも見ていたことです。ステファノは殺される直前に言いました。「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」。この言葉が引き金となって、パウロを含む人々は一気にステファノを殺しました。生涯の痛恨の罪の記憶です。
 ところがパウロは今、罪の記憶にうなだれない。それどころか、自分が殺したあのステファノと同じように顔を上げ、キリストを見ている。そして、大胆に言うのです。「だれが、わたしたちを罪に定めることができましょう」。なぜでしょうか。
 その秘密は、生きておられるキリスト・イエスです。ステファノは最期に叫びました、「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」。これはイエス様が十字架の上で祈られた言葉に通じます。「父よ、彼らをお赦しください」。この言葉はパウロの同労者ルカが福音書に記した言葉。当然パウロも聞いた。当然思い出します。イエス様と同じ執り成しの祈りを、自分が殺したステファノも死の間際に祈った!
 キリスト・イエスが父なる神の右におられる。この事実は、苦難の中にある人を励ますだけでなく、自分では取り返しのつかない罪に沈むしかない者をも励まし、顔を天へと向けさせるのです。
 パウロは罪の中で開き直ったのでも、図々しく立ち上がったのでもない。生きておられるイエスによって、引き上げられているのです。そこには、「執り成し」がある。イエスは、死に行くステファノを最後まで支えました。同じように、パウロを執り成し、いま立たせてくださっているのです。
 この執り成しの主を天上に見ているから、キリスト者は罪を自覚しても暗く沈まないのです。「父なる神の右に坐したまへり」(使徒信条)。この信仰的事実は、なんと深い慰めであり、励ましでしょうか。この恵みの事実を、私たちは上に仰いでいるのです。
 イエス様は、人間の弱さ、その罪の惨たらしさを知っておられます。弟子のペトロはあの最後の晩餐の夜、イエス様に対して「死ぬまであなたと一緒に行く覚悟です」と立派に宣言しました。口から出任せではなく、自分なりの覚悟があったのでしょう。しかし、人間の罪ゆえの弱さ、汚さを知っておられるイエス様はペトロに言われます。ペトロよ、言っておくが、あなたは鶏が鳴くまでに三度わたしを知らないと言うのだ。事実その通りになりました。
 主を裏切るのはペトロの宿命的な弱さでした。それを知った上で主はペトロに言われます。「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」。
 三度主を否むことはペトロの宿命だった。しかしイエスの執り成しが、それを打ち破ったのです。私たちはしばしば運命の打撃を受け、宿命に絶望します。しかしイエスの執り成しが、その運命に一撃を加え、打ち破るのです。
 教会の迫害者であり殺人者であったパウロが、打ちひしがれない秘密が、ここにあります。イエスが生きておられるので、罪の自覚の中に暗く顔を伏せず、信仰の目を高く上げて、生けるキリストによって運命が激しく揺さぶられ、破られることを知るのです。それが、私たちを運命から解き放ち、自由にします。
 

説教一覧(2019年度)

2019.4.7
神の愛の怒り
2019.4.14
正しい者は一人もいない
2019.4.21
私があなたと共に行く
2019.4.28
起きて神を呼べ
2019.5.5
行いによらず、恵みによって
2019.5.12
信仰によって現実を生きる
2019.5.19
イエスの血による贖い
2019.5.26
価を払わずに得よ
2019.6.2
父祖アブラハム
2019.6.9
聖霊の力を受けて
2019.6.16
神さまから与えられた家族
2019.6.23
主にある救い
2019.6.30
望み得ないときの望み
2019.7.7
希望は生まれる
2019.7.14
賛美の湧き出る泉
2019.7.21
神との和解
2019.7.28
罪人を愛する神
2019.8.4
神を誇る
2019.8.11
アンバランスな恵み
2019.8.18
恵みは満ちあふれる
2019.8.25
第二のスタート
2019.9.1
死から生きる
2019.9.8
上を見て生きる
2019.9.15
神から派遣されて
2019.9.22
賜物としての命
2019.9.29
きっぱりと捨てよう
2019.10.6
まず砕かれてこそ
2019.10.13
時が迫っているから
2019.10.20
絶望から生まれた信頼
2019.10.27
あなたの怒りは正しいか
2019.11.3
肉に死に、霊に生きる
2019.11.10
祈りの動機
2019.11.17
私たちは神の子
2019.11.24
神の子とされて
2019.12.1
神の子らよ現れよ
2019.12.8
祈れない時にも
2019.12.15
万事が益となる
2019.12.22
人となった神
2019.12.29
神の主権と深い愛
2020.1.5
神が味方ならば
2020.1.12
宿命をも破る主
2020.1.19
決して離さぬ愛
2020.1.26
神の友になりなさい
2020.2.2
愛されている確信
2020.2.9
主にあって
2020.2.16
同胞のための冒険
2020.2.23
血よりも濃く
2020.3.1
神の不思議な選び
2020.3.8
イエスを主とする仲間
2020.3.15
神の怒りと憐み
2020.3.22
生きて残された者
2020.3.29
救いは向こうから来る