HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 遣わされて生きる

遣わされて生きる

説教要旨(5月17日朝礼拝より)
ルカによる福音書 9:1-6
牧師 藤盛勇紀

 弟子たちがそれぞれ主から遣わされ、村々を巡って福音を告げ知らせ病気をいやしたといいます。いわば弟子たちの独り立ちです。弟子たちだけで伝道に出かけて行くその姿は、私たち教会の姿でもあります。
 主はこう命じられました。「旅には何も持って行ってはならない。杖も袋もパンも金も持ってはならない。下着も二枚は持ってはならない。どこかの家に入ったら、そこにとどまって、その家から旅立ちなさい。だれもあなたがたを迎え入れないなら、その町を出ていくとき、彼らへの証しとして足についた埃を払い落としなさい」。
 「旅には何も持って行ってはならない」。苦行僧のような旅をせよということではありません。神の恵みのご支配(神の国)を告げて歩く弟子たち自身、恵みによって生かされるということでしょう。神様は人をお用いになります。だから「どこかの家に入ったら、そこにとどまって、その家から旅立ちなさい」。弟子たちを用いて福音を宣べ伝えられる主は、やはり人を用いて、弟子たちをお助けになります。
 「だれもあなたがたを迎え入れないなら」とも言われました。そういうこともあるでしょう。そんな時どうするか。「しがみついてでも頑張れ」とは言われません。福音の押し売りはできません。誰からも「そんなものはいらん」と言われたら、次の町へ行くという姿勢も必要です。ある時、主ははこうも言われました、「一つの町で迫害されたときは、他の町へ逃げて行きなさい」。実際、最初のキリスト者たちは、エルサレムでの迫害を逃れて各地に離散しましたが、福音を伝えながら逃げたのです。逃避行が、図らずも主の約束の実現となって行ったのです。福音を伝えるために、神様はどんな人をもお用いになりますし、どんな状況をも用いられます。
 私たちはキリストの弟子です。教会は時々の状況や場所によって姿勢を変え、構えを変えますが、いつも主の方を向いて、主のみ言葉に従順に、聞き続けるという姿勢は、変わることはありません。
 弟子たちには、福音のしるしとして病気をいやす力が与えられました。これは、単なる病気の治療ではありません。ユダヤ人の社会で病のいやしは具体的に何をもたらしたか。神の民としての共同体への復帰ということでした。病や体の不自由はしばしば、神からの呪いや神による罰と考えられていました。体のどこが痛むということより、生きる場所がない、生きていてよいのかどうかさえ分からなくなる。しかし、病の癒しは、「私は生きていて良いのだ」と知ることとなり、神の憐れみを受けて、神の民の一員として、恵まれた者として生きることでもありました。弟子たちの行ったいやしは、福音の「しるし」です。神に愛され恵まれた者として生きることと結びついています。健康になって神を忘れるというのでは、しるしにも証しにもなりません。
 主から直接権能を授かった十二弟子は、それぞれに力が与えられました。この十二使徒と同じ信仰に生きる教会は、その権能を、教会として受け継ぎました。ある特定の優れた人間が特別に主の御業を行うのではなく、私たち全体が一人の主の体として御業を担い、生かされるのです。
 福音を告げ知らせる教会に、いやしがあります。キリストの体なる教会の肢とされ、どんな人でも、恵まれた者として、遣わされた者として生きられるからです。
 その意味で教会は、不完全ながら神の国の現れ、神の国の写しです。たしかに欠けも過ちもあります。それでも、私たちは主から遣わされた者です。憐れみ深い主は、私たちを用いることがおできになります。私たちを通して御心をこの地に行ってくださいますので、主から遣わされている者として、大胆に祈り、願いましょう。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい