HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 救いの業は前進する

救いの業は前進する

説教要旨(1月17日朝礼拝より)
ルカによる福音書 13:31-35
牧師 藤盛勇紀

 主イエスが、神の国はまさにあなたがたのことに来ているという事実を人々に語り聞かせていた「ちょうどその時」、冷や水を浴びせかけるような言葉が飛び込んできました。「ここを立ち去ってください。ヘロデがあなたを殺そうとしています」。神の国の豊かなイメージも、救いへの希望も、一気にしぼんでしまう話です。むしろ、神の国の恵みとはほど遠い悪意や憎しみがふくらんでいる。ファリサイ派の人々は「見ろ、これがあなたを囲む現実だ」と言いたかったのかもしれません。
 しかし主は、「今日も明日も、悪霊を追い出し、病気をいやし、三日目にすべてを終える」と言われました。主は病人をいやし悪霊を追い出し、人を悪霊の呪縛から解き放ち罪の縄目から解放して自由になさいました。「三日目にすべてを終える」とは、文字通りの三日目ではありません。主のお働きはいわば期限付きで、定められた時に決着をつけるという決意と見通しをもった闘いです。だから「わたしは今日も明日も、その次の日も自分の道を進まねばならない」。「ねばならない」とは、「これはもう決まっている」ということです。「わたしは自分の道を進むことになっている」と。それを誰が決めたのか。父なる神です。自分はその道を「進んで行くことになっている」。あのヘロデが何を計画していようが、そんなことは「狐」の浅知恵です。主はご自分から進んで行き、殺されます。その「道を行くことになっている」からです。
 ただ、主は嘆いて言われます。「エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、自分に遣わされた人々を石で打ち殺す者よ、めん鳥が雛を羽の下に集めるように、わたしはお前の子らを何度集めようとしたことか。だが、お前たちは応じようとしなかった」と。「めん鳥が雛を羽の下に集めるように」「あなたの御翼の陰に」というのは、詩編の詩人の愛した表現です。主なる神は御翼の陰に私たちを集めてくださるお方。その神の憐れみを知りながら、「だが、お前たちは応じようとしなかった」というのです。むしろ、神がその御心を示すためにお遣わしになった預言者たちを殺したと。
 これは、実に奇妙な、神の民イスラエルの驚くべき転倒です。それは、神の前にひっくり返った私たちの姿をも表しています。
 主が私たちを招き、救おうとなさる。それは、私たちがこれまでとは全く違う基盤の上に立って生きることであって、全く違う道に移されることです。古い命に死んで、新しい命に生きることです。主はそれを成し遂げようとしておられます。いや、主は、私たちのために、それをなさねばならない、のです。
 ところが、私たち人間が神の前にひっくり返って、「それに応じようとしない」。主は言われます、「見よ、お前たちの家は捨てられる」。神を見捨てたからです。ところが、その人間の罪の中に主イエスご自身が進んで行かれるのです。そして、人間の罪の故に、主イエスが殺されます。それは、ご自分において私たちの罪を処置して、私たちを新しい命へと入れるためです。それは、ただ主のみが成し遂げられます。だから、主は「進まねばならない」、「進むことになっている」のです。
 その道は、ただ死で終わる道ではありません。主が言われた「三日目」は、主のご復活を示していることは言うまでもないでしょう。十字架において、私たちの罪を処置された主は、三日目によみがえって、新しい命の道を与えられたからです。
 「主の名によって来られる方に、祝福があるように」との言葉は、主が生きておられることを信じた者の、喜びの言葉です。その時を目指して、主はご自分の道を進まれました。そして主ご自身が、めん鳥の羽、神の御翼となって、私たちの罪を覆って、命の中に招き、生かしてくださいます。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい