HOME | 説教 | 説教(2015年度) | ここにも天のはしごは届いている

ここにも天のはしごは届いている

説教要旨(10月11日朝礼拝より)
創世記 28:10-22
伝道師 上田真由美

 兄から祝福を横取りしたヤコブは、命を狙われ、逃亡せざるを得なくなりました。ヤコブは旅に出ます。荒野でこの夜、冷たい石を枕に横たわったものの眠れないままに、悔やみ続けたでしょう。しかし、そこで夢を見ました。はしごが天から地上に向かって伸びている。しかも、御使いがそれを上ったり下ったりしている。この夢には、ヤコブの心が映し出されているのではないでしょうか。祝福が欲しかったとはいえなぜ、家族をだましてまで奪ったのか…。祝福を得たとはいえ、将来に何の展望も持てない。この地上には抜け道もない。だから、一人深刻がってもどうにもならない…。望むとすれば、天の神様のみ。
 そう考えていた時に、神様は、このはしごを見させて、あなたはいつもわたしと結び付くことができる、交わることができる、そうお示しになったのでしょう。ヤコブが深刻に反省したら何とかなったのではなくて、思いもかけなかった恵みが天から下って来たということです。ヤコブはこれに気がつき、抜け出す道がある。望むとすれば、天に上る道だと気が付いたのでしょう。もちろん、自分が天に上るのではない。しかし、天の神様と地上の自分との間に結び付きができ、交わりができたら、この失敗の解決を見出せる。
 御使いが下るのは、神様の御言葉を携えて来るため。この時、ヤコブが祈っていたことへのお答えが聞こえて来たということです。御使いが上るのは、ヤコブの祈りを携えて天の神様のもとに持って行くため。そうだから祈りは、ただの独り言でも、反省でもない。祈りは神様とのコミュニケーション、交わりなのです。
 御使いが携えて来た神様のお答えは、お叱りだったでしょう。あんなずるいことをして傲慢だと。しかし最後には、あなたの罪は赦されるという御声を聞いたのでしょう。そうでなければ、御使いが上り下りすることを喜ぶことはできなかったと思うのです。この夜、ヤコブは惨めだった。しかし、自分の祈りは、確実に、神様のお耳にまで達している。そして、神様のお答えを聞くことができる。そう知り得たことが、ヤコブのこの夜の経験でした。
 天のはしごで思い出すのは、あのバベルの塔です。人間が天の神様の所に到達しようとして、一生懸命に塔を築いていった。しかし、神様からその計画を打ち砕かれた。人間が一生懸命に考え努力すれば、天に到達できると思うのは傲慢だと。しかし、天のはしごは、ヤコブがつくったのではなくて、天から降ろされたはしご。そうだから、天に上るのもヤコブが上るのではなくて、御使いが上るのでした。
 ヤコブが、祝福を得ようとして家督を奪い取ったことも失敗に終わりました。神様がお与えになるはずのものを自分で何とかして得ようとしたからです。しかし、ヤコブが何とも情けない自分にがっかりして、旅に出た時に、神様はその失敗をどう解決したらよいかをお示しになりました。それは、ヤコブが天に上るのではなくて、神様がおろされるはしごによって、神様との交わりを新たにするということです。
 その後ヤコブは、「わたしはあなたと共にいて、あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守る」というお約束を聞き取り、恐れに満たされます。「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった」。神様はいつも親しく臨んでくださっているのに、自分の方は気がついていなかった。しかし今、自分と共にいてくださると分かったから、ここはもう惨めな場所でなくて、「なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家」だ。ヤコブにとって、寂しく惨めだった場所が、神のおられる場所、畏敬を持つべき場所に変わったのです。
 私たちの旅もまた、天の御声を聞き、懺悔し、感謝する、そういう神様との生き生きとした交わりが持てたならば、豊かな祝福と深い慰めが与えられるに違いないのです。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい