HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 主イエスを受け入れる者

主イエスを受け入れる者

説教要旨(7月5日朝礼拝より)
ルカによる福音書 9:46-56
牧師 藤盛勇紀

 今日の聖書の箇所には3つの小さな出来事が記されていますが、いずれもイエス様と弟子たちとの思いがずれてしまって、噛み合っていないことが分かります。弟子たちは、イエス様が予告された救い主の御業も理解しようとせず、受け入れを拒絶していました。そんな中で、イエス様は一人、時が来たことを悟って「エルサレムに向かう決意を固められた」のです。
 そういう時です、「弟子たちの間で、自分たちのうちだれがいちばん偉いかという議論が起きた」。どうしてまたこんな子供っぽい議論が始まるのかと思わされますが、それも無理もないと思えることが、つい先日起こったばかりなのです。それは、イエス様が十二弟子の中の3人だけを連れて山に登られた時のことです。その山の上で3人の弟子たちは、この地上では見ることはあり得ない光景を目の当たりにしました。一方、山の麓で待っていた弟子たちは、なぜか病人を癒やすことができなくて、一騒動になっていました。そんなこともあったので、「本物の弟子は誰だろうか」といった議論が起こったのでしょう。
 しかし弟子たちは、救い主としての主イエスの御業についてまだ理解していませんし、まるで分かっていないのに、「本当の弟子は」とか「本当に偉い者は」といった議論をしているのです。
 イエス様は一人の子供をそばに立たせて言われました、あなたがた皆の中で最も小さい者が最も偉い者だと。この時代、子供というのは言わば無価値なもので、文字通り「小さい者」の代表的存在です。しかし「そのように、あなたがたが無価値な者とみなしているこの小さな者を、わたしの名のために受け入れられるか」と問うておられるのです。「わたしはその小さな者と共にいるのだから」ということでしょう。
 主イエスは、人が思いもしない仕方で、私たちのための救いの御業をなし遂げてくださいました。見る影もない弱い姿で、人々から苦しめられ、「お前が神の子なら、今すぐ十字架から降りてみろ」と嘲られるほどに無力なお姿で、私たちの罪の赦しのための業を成し遂げられました。主は私たちと共におられるます。しかも、「こんなところで」、「こんな者たちと」と思われるような仕方で、共におられます。
 51節には、「天に上げられる」とありますが、これは主イエスの十字架の死と復活と昇天、すなわち主イエスご自身を通して行われる救いの御業のことでしょう。主がが天に上げられると、弟子たちは主を見ることができなくなりますが、それは、今日の私たちも同じです。肉の目で主を見ることはできません。ではどのようにして、主は私たちと共におられるのでしょうか。主はどこに、どうご臨在になられるか。今日のみ言葉との関係で言えば、「誰と」共におられるのかです。イエス様は「最も小さな者」「子供のような、本当に小さな者」と共にいると約束しておられます。
 「子供を受け入れる」というのは、単に私たち大人が子供を守らなくてはならない立場だからではありません。あるいは逆に私たち大人は謙遜になって子供から学ぶべきだからでもありません。そういう大人と子供の関係で受け入れるのでなく、私たち自身が子供だからなのです。
 私たちは、何か価値があったからでなく、何かができたからでもなく、ただ主なる神の憐れみのゆえに、愛のゆえに受けいれていただいて、神の子とされました。私のような者も神の子としていただいている。その計り知れない愛と憐れみが、主イエス・キリストを通して知らされます。このキリストを受け入れ、キリストと結ばれて初めて、私たちは小さな者を受け入れるのではないでしょうか。主は、私たちと共におられます。思いもしない仕方で、小さな者と共に生きておられるのです。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい