HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 必要なものはただ一つ

必要なものはただ一つ

説教要旨(8月23日朝礼拝より)
ルカによる福音書 10:38-42
牧師 藤盛勇紀

 マルタとマリアは、伝道の旅を続けておられたイエス様と弟子たちを迎え入れました。正確に言えば、一行を迎え入れたのはマルタでした。マルタという名には、女主人という意味があります。マルタはその名にふさわしく立ち振る舞っています。人をもてなすことが好きだったのでしょう。
 イエス様とその足もとで聞き入るマリア。先生の教えに聞き入り、従う者の姿です。その周りでは、マルタが「いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていた」。非常に分かりやすい対照です。
 忙しく立ち働くマルタは、主の前で突っ立ったまま主に向かって、「ちょっとイエス様、そこにいる妹に何とか言って下さいな」と、主イエスに注文します。まるで、マリアが手伝いをしないのは、イエス様が何も言ってくださらないからですよ、とでも言いたげな、ピリピリした嫌な雰囲気が漂います。
 「せわしく立ち働いていた」と訳されているのは、「周りに引っ張られる」という意味の言葉です。最初マルタは、マリアと一緒にイエス様のお話に耳を傾けていたのかもしれません。ところが、彼女の性分からか、周りのことが気になります。食事の準備がある。今日は人数が多いし、いろいろ段取りもある。マルタの心は周辺に引っ張られています。
 そこでイエス様が言われます。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」。
 「心を乱す」という言葉から、英語の「トラブル」という言葉と関係します。マルタの心はトラブルに巻き込まれ、こんがらがってしまっています。
 イエス様を迎え入れたのはマルタです。マルタだって、主の御言葉に聞いて生かれたいと願ったのです。ただ、マルタはその表現の仕方、主に対する接し方でトラブルに陥って、こんがらがってしまったのです。イエス様は、思い乱れたマルタの心を、まっすぐにしようとしておられるのではないでしょうか。
 マルタは、間違ったことをしてしまったわけではありません。「もてなし」すなわち奉仕は、無くてはならぬものです。ただし、無くてはならぬものにも、順序があります。ここに無くてはならないもの、その次に無くてはらならないもの、という形で、無くてはならぬものも秩序の中にあります。マルタはその順序、何が中心に位置するか、それが混乱してしまったのでしょう。
 人それぞれ、大事なことや無くてはならない事を考えています。でも、何が中心で優先かが曖昧になると、それぞれの大事なことが衝突し不満が生じ、大事なことを巡って、トラブルが生じてしまいます。
 イエス様は、「マリアは良い方を選んだ」と言われました。このお言葉は、マルタにとってはきつい言葉だったかも知れません。でも、マルタこそ、このお言葉を待っていたのではないでしょうか。
 マルタは自分のやるべきことで一杯いっぱいになって、キリキリしました。すると人のことが気になり、許しがたくなって、主に対して注文し、批判めいた言葉まで発してしまう。
 しかしイエス様は、そのマルタに対してお言葉をくださったのです。「必要なことはただ一つだけである」。この時マルタは、待っていた主のお言葉をいただいたのではないでしょうか。「そうでした主よ。おっしゃるとおり、必要なものはただ一つですね」と。自分をまっすぐにしてくださる主のお言葉をこそ待っていたのです。主の御言葉を聞いて、マルタはもう一度彼女らしく立って、無くてはならない奉仕に、喜んで励んだでしょう。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい