HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 神の国は来ている

神の国は来ている

説教要旨(1月3日朝礼拝より)
ルカによる福音書 13:10-21
牧師 藤盛勇紀

 主イエスは神の国を「からし種」と「パン種」にたとえました。小さなもの、隠されたものでが、それらは目的と希望をもって蒔かれ混ぜられます。やがて芽生え、枝葉を伸ばし、大きな木となる。そして、空の鳥たちも宿るところとなる。
 主イエスが語られたこの日の礼拝も、神の国がリアルに現れる礼拝でした。そして主は、18年間も病気で悩んでいた女を癒されました。「病気は治った」という言葉は、「病気から解放され自由にされた」ことを意味します。神の憐れと恵みの力に触れた者は自由にされます。自由にされた者は、自らの自由をもって神を賛美、礼拝します。
 ところが、主の恵みが現された礼拝で、ちょっとした論争が起こりました。会堂長がイエス様のなさった業を見て、なんと「腹を立てた」というのです。この日が、安息日だったからです。
 「何も安息日の今日、しなくてもよいだろう。週日に改めて癒やしてもらえばよいではないか。とにかく今日は安息日だ。まずそれを真剣に守るべきだ」。そんなことを思ったのでしょう。感謝と喜びの、最高に自由な行為であるはずの礼拝が、自分に課したお勤めやになってしまい、他者をも縛る「戒律」としての礼拝としてしまう。そういうことは私たちにも起こり得ます。
 イエス様は会堂長の言葉を聞いて、人々に言われました、「偽善者たちよ」と。主の御言葉を聞きながら、神の恵みを見ようとしない。主の恵みの力を目の当たりにしていながら、憐れみ深い主のお働きに沿おうとしない。「神の恵み」とは言いながらリアルでないので自分には関係ない。もし、彼らが神の恵みのご支配を信じていたならば、あの女性が思いがけず癒された時、喜びと賛美が巻き起こったはずです。
 ところが「安息日はいけない」などと、神の御言葉を知ったふうに言う。しかし、神が生きて働いておられ、神の国が始まっていることを信じようとせず、認めようとしない。だから、神の国の現実の中で、神の恵みの中で、この女性を見ることもしません。いや、自分自身が恵まれていることさえ信じていなかったでしょう。だからプンプン腹を立て、喜びもないのです。
 主は言われました。「この女はアブラハムの娘なのに、十八年もの間サタンに縛られていたのだ。安息日であっても、その束縛から解いてやるべきではなかったのか」。
 「解いてやるべきではなかったのか」。この「べき」は、人の情けや道徳的な観点からそうすべき、ということではありません。「当然そうであるはず」という、神の定め、神の御旨を表しています。
 神の御言葉を聞いて礼拝をしているということは、私たち人間の思いを超えて、私たちの想定を超えて、あるいは気づかない仕方で、神の恵みがその人を解放し、自由にしてくださっている、それを信じ、それを願い、それを喜んでいることです。
 主はこの女を「アブラハムの娘」と言われました。アブラハムは、神から祝福と約束を受けた人です。「祝福の源となり、地上の氏族はすべて、あなたによって祝福に入る」と。どんな民族だとか氏族だとか、そういうものに関わらず、神の憐れみと恵みが及んでいく。その基がアブラハムです。
 19章にザアカイの物語が出てきますが、イエス様は、嫌われ者のザアカイのことも「アブラハムの子なのだから」と言われます。アブラハムにつながる者は、ただ神の憐れみによって、そこに注がれる恵みをいただいて喜んで生きる者です。
 イエス・キリストは、神の恵みが全ての民の上に注がれるために、来られたお方です。このお方が生きて働いておられるので、私たちはアブラハムの子らとして、憐れまれた者、恵まれた者、祝福された者として、いまここにあります。この私たちの間に、神の国はすでに始まっています。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい