HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 今の時を見分ける

今の時を見分ける

説教要旨(12月6日朝礼拝より)
ルカによる福音書 12:54-59
牧師 藤盛勇紀

 イエス様は群衆を「偽善者よ」と呼ばれます。自然の変化を見分けるのには敏感だけれども「今の時を見分けることを知らない」というのです。ここで言われる「時」は、数量的な時ではなく、機会とかチャンスのような、特別な意味が充満した時です。
 私たちが実際に経験する時間には、言わば濃淡や深みがあります。たとえば「あなたの命はあと何ヶ月」と告げられたとしたら、時の質が一変します。その時をどう受け止め、どう生きるか。告知が「時」の意味や濃さを一気に浮かび上がらせます。
 イエス様はなぜ「今の時を見分けよ」と言われたのでしょうか。「あなたを訴える人と一緒に役人のところに行く」というたとえ話は、「最後は、自分のしたことについて精算をしなければならない」ということですから、最後の審きを思わせます。私たちが、実際に負っているあの事やこの事、あの人に対する負い目や責任、という問題です。それを思うと死んでも死にきれない、といった思いを抱えることもあるでしょう。だからこそ「今」どうするか、なのです。今はどういう時なのか、どう生きる時か。
 コリントの信徒への手紙二の5:10に、「わたしたちは皆、キリストの裁きの前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けなければならないからです」とあります。主が私たちをお裁きになる時、その基準は何かというと、今私たちがどう生きているか、です。だから今、すでに裁きは始まっていると言えます。
 「行ったことに応じて、報いを受けなければならない」と聞くと、恐れを覚える人もいるでしょう。しかし、そう言っているパウロは恐れるどころか、完全に楽観しています。自分で自分をも裁くこともしない、とも言います。教会の迫害者、いわば人殺しだったパウロは、主から裁かれる時を、楽しみにさえしているのです
 「何ができたか、できなかったか」といった功績などを基準に問われるとするなら、楽観などできません。恐れ怯えるしかないでしょう。私たちはろくな成績表を持っていません。日毎に「我らの罪をも赦し給え」と祈らなくてはならない者です。神に対しても隣人に対しても、常に負い目のある身であり、負債を抱えた者です。そして、その負債は返済不能なのです。
 だから、赦していただくしかないのです。返済不可能な負債を負う私、取り返しのつかない私だということを認めるのです。そのために、主イエスは世に来られたのです。
 主は「神の国は近づいた」と宣言なさいました。神の恵みと憐れみは、来ているのです。申命記30:19で、モーセを通して神はこう示されました。「わたしは今日、…生と死、祝福と呪いをあなたの前に置く。あなたは命を選び、あなたもあなたの子孫も命を得るようにしなさい」。
 「今の時」はどんな時か。一言で言うなら、命を選ぶ時です。命を選びなさい、祝福を選びなさい、と主は言われるのです。恵まれた者、赦された者として生きるようにと、主は望んでおられます。
 パウロも言いました、「今や、恵みの時、今こそ、救いの日」と。私たちの負い目、罪が赦されるために、すでにキリストが来られ、私たちのために死なれたからです。私たちが負わなければならない「死」は、すでに主によって負われて、済んだのです。
 だから私たちの「今」は、ただ死に向かっているのではなく、むしろ、死ぬべき者だったのに、命に向かっているのです。「死」が近づいたのではなく、救いが近づき命がもたらされた。そういう「今」なのです。
 私たちの前には、すでに赦しと命と祝福があるのですから、「今」という時のうちに大胆に悔い改め、大胆に神に近づいて、命の道を進みたいと思います。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい