HOME | 説教 | 説教(2015年度) | あがめよ、わが魂

あがめよ、わが魂

説教要旨(12月13日朝礼拝より)
ルカによる福音書 1:46-56
伝道師 上田真由美

 「わが魂は主をあがめます」。この「あがめる」とは「大きくする」という意味です。身ごもったことを天使から聞いて、マリアは恥ずかしさと不安に駆られました。世間に知れ渡ったら姦淫の罪として刑を受けなければならない。私もこの子もどうなるの?人の目や常識が巨大な壁のように立ちはだかった気がしたでしょう。
 しかし、そういう行き詰まりの中にあって、マリアは主のみ告げを聞きました。そしてそれを信じました。み告げが一番正しい、と。すると、神のみ姿が大きくなり、不安がかえって小さくなる。そして、わが魂は神を大きくします。そして、私はそれに従い、それによって生きるのです、と神をほめ讃えたのです。
 なぜ、神が大きくなったのでしょうか。それには理由があって、「この卑しい者にも目に留めてくださったから」、「力ある方が、わたしに偉大なことをなさいましたから」と歌います。神が大きくなるとは、その権力を発揮され威張って何もかも破壊されることではなかった。人間は、抑えつけられることによっては神をあがめるようにはならない。反発します。神のなさることは本当に不思議です。その力を発揮なさらないで、人間と同じ弱く小さい姿をおとりになることによって人を救われたからです。
 御子がお生まれになった当時の馬小屋は、貧しさを代表するもの。馬や牛の嫌な臭いもします。神様が、わざわざ、そういう貧しさと辱めの場所をお選びになったのは、神が神として本当に尊敬され崇められるようになるため。神が、一人も滅びないようにと、そういう場所をお選びになって、まるで無きに等しい者になられたことを、マリアは自分の立場から感じざるを得なかった。自分が名もない田舎娘で貧しくもあった。地位もない。そういう者を救うために、大きな神が小さくなられた。一番卑しい場所と人をお選びになって。世間ではあり得ないことです。その驚きの事実を歌います。神は本当に卑しい姿をとってこの世においでになるんだわ。こんなにも自分に目を留めて下さっている!と。
 ただ、マリアの言葉はまだ美しいです。美しいだけじゃないことが、この経験にあったはず。マリアはただ、自分の身分だけを恥じたのでしょうか。この歌に共鳴したいと思う私たちは、一方で、社会全体から言えば、自分はマリアのような卑しい立場ではないと思うでしょうか。もしそうならば、マリアの言いたいことを勘違いしていることになるのではないでしょうか。この歌が、聖書によって私たちの歌になっているということは、私たちも卑しい者だということ。それでは、どんなに地位や人望があっても、すべての人にある卑しさとは何でしょうか。罪です。私たち自身に邪悪で惨めで悲しむべき罪があります。人の卑しさは、そこまで行かなければ分かりません。
 マリアはここで、御子の母に選ばれ、み前に引き出されて、神との関係において罪にまみれた自分の姿を感じざるを得なかった。自分はこの役にふさわしくない。神からこんなに恵んでいただく資格のない人間だと。マリアも私たちと同じ、償おうとしても償えない、取り消しのきかない罪があるのです。そういう点から考えると、人の心底までも知られ、それを引き出すようにして人の卑しさを知らせるのがクリスマス。そういう卑しさが分からなければ、御子がなぜ、栄光の天のみ座からはるばるこの世に降って来られたかが分かりません。分からないと、クリスマスを真実に喜ぶことはあり得ない。
 こんな無きに等しい者にも目を留めて下さり、ご自身を与えて「憐れみ」を示してくださった。これ以外に「偉大なこと」、つまり「救い」はあろうかと、私たちもその神の憐れみを喜ぶ信仰に生きたいと思います。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい