HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 大切なあなた

大切なあなた

説教要旨(11月15日朝礼拝・教会学校との合同礼拝より)
ルカによる福音書 12:22-32
牧師 藤盛勇紀

 イエス様は言われます、「思い悩むな」。「あなたがたの父は、これらのものがあなたに必要なことをご存じである」。弟子たちに祈りを教えられた時にも言われました、「あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ」。
 ある人から聞かれました、「必要を神がご存知なら、どうして私たちは祈らなければいけないんですか」と。主の祈りでも、「日用の糧を今日も与えたまえ」と祈りますが、どうしてそう祈り願うのでしょうか。
 それは、私たちが祈り願わないと、神はこの世界にご自分のお働きを現せないからです。主の祈りで、こうも祈ります、「御心の天になるごとく、地にもならせたまえ」。神様の願いと言ってもよい神の「御心」をこの世界に行うために、神様は私たちを必要としておられるのです。
 神が天地万物をお造りになった後、人を造られたとき、人には特別に使命をお与えになりました。それは、神がお造りになったこの世界が、神のご意志と願いにかなってそこにあり、そこに生きるようにすることです。神はそれを人間にお委ねになり、いつも私たち人間を用いて、この世に働きかけておられます。
 だからこそ私たちは祈り、求め、願うのです。私たちが祈って願う時、それが実現するように行動したり考えたりします。神はそういう私たちを用いて、ご自分の御心をこの世界に行ってくださいます。だから神は、私たちが祈るのを待っておられます。そして、私たちが神に生かされ用いられて、生き生きと生きるところに「神の国」が現れ出てきます。
 なのに、もし私たちが、神がいないかのように、自分だけで「どうしよう」と悩んでいたら、神の恵みも神の国も分かりません。だから、「私はどうしよう」と悩むよりも、まず「神の国を求めなさい」と主はおっしゃるのです。烏を見てみなさい、野原の花を見なさい。烏でさえ、神は養っていてくださるでしょう。「あなたがたは、鳥よりもどれほど価値があることか」。神は野の花でさえ美しく装ってくださる。「まして、あなたがたにはなおさらのことである。信仰の薄い者たちよ」、と。
 ここで言われる信仰は、「神の存在を信じる」という信仰ではありません。「神様にとって、あなたがどれほど大切な存在かを知る」という意味の信仰です。神様とあなたとの特別な関係のことなのです。
 皆さんは自分がどれほど価値があるか、どれほど大切か、知っていますか? 神様にとって、とてつもなく大切な私。そういう自分のイメージを持っていますか? それは想像力で作れるものではありません。
 私たちのイメージは、神が私たちをお造りくださったときのイメージです。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい