HOME | 説教 | 説教(2015年度) | 収穫は多い

収穫は多い

説教要旨(7月26日朝礼拝より)
ルカによる福音書 10:1-16
牧師 藤盛勇紀

 主イエスは、十二弟子とは別に72人の弟子たちを派遣されました。「遣わす」という言葉は、名詞にすると「使徒」です。新しい神の民を象徴する「十二」使徒の使命は、ここで7倍の広がりが与えられています。この広がりの中に、現代に生きる私たち自身も召されています。
 使徒たちは「神の国」を伝えます。それは、神がなさった恵みのみ業、救いの出来事を伝えることです。私たちはどこにいても、あらゆる恐れや不安や行き詰まりや、絶望的な敵意や憎しみからも、すでに解放されているそのために必要なことはすでに主イエスが成してくださった。だから大丈夫だと言える。そう証言します。
 神はどこにいる、神の恵みなどどこにあると言いたくなる、そんな日常だけれども、実は、そこにすでに神の恵みの支配が始まっているのだ、と伝えるのです。
 使徒を遣わされる主が言われることはまず、「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい」でした。そしてすぐに「行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす」と言われるのですから「収穫の主」は主イエスご自身です。
 ところが主は、「それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ」とも言われます。神に背を向けた世界では、神の恵みを信じて生きるだけで、波風が立ちますし、逆風にも吹かれます。拒絶されたり嘲られることは珍しくなく、時代によっては殺されることだってあり得るわけです。
 それなのに、イエス様は「財布も袋も履物も持って行くな」と言われます。困難な旅になるのに、なぜでしょうか。それは、私たちの旅は、主がお遣わしになる旅だからです。無意味に小羊が狼に喰われてお終い、ということはないのです。無防備な小羊が送り込まれるのは、主の約束が成るため、収穫のためです。イエス様は最初に、「収穫は多い」と約束しておられます。
 ヨハネ福音書で、イエス様はおっしゃっています。「あなたがたは『刈り入れまでまだ四か月もある』と言っているではないか。わたしは言っておく。目を上げて畑を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている」(4:35)。
 私たちが肉の目で見る現実は「まだまだ」です。どこに神の国があるか、どこに神の恵みの支配があるか、と思われる。しかし、神の畑はすでに色づいているというのです。
 肉の目に騙されてはなりません。肉の目などいくら調整しても、霊的な現実は見えません。天のことは見えません。しかし、聖霊による信仰の目で見るなら、わくわくしてきます。どれほど豊かなものがあるか。もう神の畑は溢れんばかりです。たわわに実って色づいています。私たちに与えられるものは、いかに豊かなのでしょうか。
 だから「今」なのです。だから「鋤に手をかけてから後ろを顧みる」必要などないと主は言われたのです。
 私たちの人生は、主が遣わしてくださる旅だから、まず主に従うことから始まるのです。「御言葉ですから」と始めるのです。信仰の父アブラハムも、主の御言葉だから75歳で旅立ったのです。主は、私たちを恵みに与らせるために、この世にあって、神の国に生きる者、神の命に生きる者とするために、召してくださっています。
 弟子たちが遣わされていく家や町にも、主の備えがあることが約束されています。下を見てうつむいて生きていると分かりませんが、目を上げるなら、神の畑は色づいています。「収穫は多い」のです。「収穫の主に願いなさい」と言われています。願いましょう。働き手を送ってくださるように。そう願う私たち自身が、いま主のみ言葉を聞いているではありませんか。「行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす」と。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい