ホーム | 説教 | 説教(2017年度) | 人によらず、神により

人によらず、神により

説教要旨(5月28日 朝礼拝より)
ガラテヤの信徒への手紙 1:1-5
牧師 藤盛勇紀

 この手紙の書き出しから、パウロとガラテヤの教会との間の、ある緊張関係を読みとる人もいます。本文が始まる6節には、「わたしはあきれ果てています」と、いきなり挑戦状を叩きつけるように書き始めていて、かなりスリリングです。
 「キリストは、わたしたちの神であり父である方の御心に従い、この悪の世からわたしたちを救い出そうとして、御自身をわたしたちの罪のために献げてくださった」。私たちとキリストとのこの関係、これをよもや忘れたのではあるまい、とパウロは問うています。これを忘れたら、「今の悪の世からの救い」も何もないのです。
 「悪の世」とは、たんに道徳的に堕落した世界のことではありません。この手紙の文脈から言えば、「律法」という基準によって生きる世界です。「何をしたか、何ができるか」という行いによって、人を判断し、価値を決め、評価する世界、そうした生き方のことです。自分自身のことも、「これをしているから、私は神の前に出られる。これができるから、神の前に正しく生きている」と、自分の行いを基準にして、神との関係も考える。これは、悪人や堕落した人というより、むしろ善人の生き方です。そうした基準を根拠に生きる世界を、パウロは「悪の世」と言うのです。その悪さは、邪悪さというより、悩みや恐れや思い煩いであって、平安の無さです。
 「あなたは何をしてたか、何ができるか」、それによって、高ぶったり、自信を喪失して失望したり、時には、「これができないのでは、生きている意味がない」と絶望する。そうした功績と誇りと名誉、裏返せば、脱落と絶望と不安の世界、人間が人間のことを決定するシステム、ノルマの世界。
 誰でもいずれは課題やノルマから解放される時がきます。定年になるとか、思いがけず病に襲われるような想定外の出来事。そこではノルマもプレッシャーもなくなるかと思ったら、何もできない自分はいったい何者なのか分からなくなってしまう。
 神の御心は、そのような世から「救い出そう」とすることだと、パウロは言います。律法やノルマによる不安の支配のもとに生きるのでなく、キリストのもの、神のものとして、恵みと平安の内に生きること、神のご意志を受けて、それに自由に従って生きること、神のご計画に参与して生きる。それが神の御心なのです。
 そのために、キリストが「わたしたちのために」献げられたというのです。私たちは何か要求されて生きているのではない、神の最も良いものを与えられて、それをいただいて生きるのです。
 この恵みの現実は、人が定めたノルマや人の評価によって現れはしません。私たち自身の考えや思いや行いによるのでもありません。「わたしたちの神であり父である方」から来る恵みによるのです。だから私たちの生きるところ、立つべきところは、人によるのでない、このキリストにある恵みなのだ、というのです。「人々からでもなく、人を通してでもなく」です。
 あなたはいったい何にしがみついているのか、手を放してみなさい、とパウロは語るのです。人間的なものをいったん手放したとき、神が与えて下さったものが現れてきます。イエス様は「捨てよ」と言われました。主を信頼して「捨てる」ことによって、主から「得る」のです。
 私たちは、人の最たる者である自分自身を手放すとき、人によらない上からの恵みと平安が、私たち自身を通して現れてきます。それは、キリストが私たちの内に生きてくださっているからです。
 人からのもので生きようとしなくてよいのです。人の言葉や思い、世の思想や評価によって決定されなくてよいのです。この恵みの事実が、私たちの信仰による歩みの第一歩なのです。
 

説教一覧(2017年度)

2017.4.2
信仰への一歩
2017.4.9
主がお入り用なのです
2017.4.16
信仰の目が開かれた
2017.4.23
主は生きておられる
2017.4.30
見えるようになれ
2017.5.7
主と共なる食事
2017.5.14
命の声を聞き分ける
2017.5.21
心の目が開かれて
2017.5.28
人によらず、神により
2017.6.4
真理の霊が来る
2017.6.11
神の子らよ、生きよ
2017.6.18
今日、必要なもの
2017.6.25
虫の良すぎる話
2017.7.2
神による回心
2017.7.9
離散している人たち
2017.7.16
恵みの伝統
2017.7.23
まっすぐで自由な道
2017.7.30
歌いつつ死んでゆく
2017.8.6
私の内のキリスト
2017.8.13
信仰に賭ける
2017.8.20
新しく生まれた人間
2017.8.27
描き出された十字架
2017.9.3
祝福あれ
2017.9.10
凪になる
2017.9.17
約束は信じる人に
2017.9.24
あなたがたは神の子
2017.10.1
目に見えないヴィジョン
2017.10.8
一粒の麦が地に落ち
2017.10.15
神の相続人
2017.10.22
神を知る時
2017.10.29
いささかも疑わずに
2017.11.5
神の賜る命
2017.11.12
父と家
2017.11.19
イエス・キリストの名によって
2017.11.26
あなたがたは今は神の民
2017.12.3
キリストが形づくられる
2017.12.10
油を用意して待て
2017.12.17
喜べ、自由な者よ
2017.12.24
神はあなたの味方
2017.12.31
遠くまで、響かせて
2018.1.7
キリスト者の自由
2018.1.14
貧しさと豊かさと
2018.1.21
人生を導く霊
2018.1.28
重荷を軽やかに
2018.2.4
十字架による新創造
2018.2.11
恵みと平和の計画
2018.2.18
あなたは何を望むのか
2018.2.25
満ちている祝福
2018.3.4
開かれた奥義
2018.3.11
試練か誘惑か
2018.3.18
神の国の手付金
2018.3.25
心の目が開かれて






更新情報

2018.8.20

8月12日朝礼拝「新しい人を着る」

2018.8.13

8月5日朝礼拝「成熟した人とされる」

2018.8.6

7月29日朝礼拝「一人ひとりへの賜物」

「路の光」追加。

「教会規則」再掲載。

※「路の光」「教会規則」のアクセスにはパスワードが必要です。