HOME | 説教 | 説教(2017年度) | 心の目が開かれて

心の目が開かれて

説教要旨(3月25日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 1:15-19
牧師 藤盛勇紀

 私たちはすでに天の霊的な祝福で満たされています。「幸いなるかな」という祝福のもとに、私たちの人生の全てが置かれているのです。それでパウロは、まず「感謝しています」と言います。パウロは常に艱難・苦難に見舞われていました。「その上に、日々わたしに迫るやっかい事、あらゆる教会についての心配事があります」(2コリント11:28)とも言います。なのにパウロは、事ある毎に喜べ、喜べ、常に喜べ、と言います。なぜなら、常に喜べるから、感謝できるからです。なぜでしょうか? 生ける神との親しい関係があるからです。それは、どんな人間関係も超える、イエスと私たちとの深い結びつきであり、「主と私は一つ」と言える祝福された関係があるからです。
 パウロは、「あなたがたが、主イエスを信じ…」と言います。エフェソの信徒たちのことを思い浮かべているというより、「霊的な祝福」のもとにエフェソの信徒たちを見ているのです。言わば霊的な目で、信仰によって見ているのです。それは他の教会、問題だらけの教会の信徒たちに対しても、パウロは常に「聖なる者」と見ています。人間の肉の目では、どうしたってそうは見えない。しかし、霊的な祝福から見るならば、全ての信徒たちは、御子イエスの血潮によってすでに完全に神のものとされ、神の約束のもとに生まれた神の子なのです。
 この霊的な視点を、皆にもってほしいと、パウロは願っています。「どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように」。
 喜びとなり感謝となり、神を讃えることになるように神を知るには、人間の目は暗く閉ざされています。だから神ご自身が、「神を深く知ることができるように、心の目を開いてくださるように」と祈るのです。
 「心の目を開く」と言うと、何か一般的な話のようように思われるかも知れません。しかし、あくまでも神が、心の目を開いてくださることを求めるのです。心の目が開かれるとは、「心の目が光で照らされる」という言葉で、英語のフォトグラフなどの語源です。最近の写真はほとんどデジタルですが、フィルムの写真は、カメラのシャッターが開かれて、フィルムが感光して像を結びます。シャッターが開かれなければ、フィルムには何の像も描かれません。
 私たちの心も同じです。人間の心それ自体は、神をはっきりと知って認めることはできません。神の光、霊による光を受けなければ、神を認めるには至らないのです。
 私たちが神を神と認めて、喜んで神を讃えているとすれば、神の光を受けているからです。パウロは生まれながらの人間についてこう言っています、「神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなったからです」。だから、「弁解の余地はない」と。人は神からの光、「知恵を啓示の霊」に対して、自らシャッターを閉じていて、開けようとしない。それで、心は暗くなったのだというのです。
 私たちを照らしてくださるのは神ですが、私たちは自分の心、思いを、神の方に向けて「開く」のです。光に向かってシャッターを開ける。開けさえすれば、すでに注がれている神の光に感光するのです。
 すると、暗かった私の魂に、神から注がれるものが像を結び、映像化され、真理の言葉・霊的な言葉が言語化され、理解できるようになり、神の言葉によって私たちの頭、つまり心の回路が神の祝福と恵みの言葉によって組み替えられ、書き換えられ、私たち自身の言葉となって語られ、賛美され、伝えられ、経験されていくのです。
 そうやって、まさに「天にある霊的な祝福」が、「今ここ」の恵みとなって、神の国がこの地上において現れ出るのです。
 

説教一覧(2017年度)

2017.4.2
信仰への一歩
2017.4.9
主がお入り用なのです
2017.4.16
信仰の目が開かれた
2017.4.23
主は生きておられる
2017.4.30
見えるようになれ
2017.5.7
主と共なる食事
2017.5.14
命の声を聞き分ける
2017.5.21
心の目が開かれて
2017.5.28
人によらず、神により
2017.6.4
真理の霊が来る
2017.6.11
神の子らよ、生きよ
2017.6.18
今日、必要なもの
2017.6.25
虫の良すぎる話
2017.7.2
神による回心
2017.7.9
離散している人たち
2017.7.16
恵みの伝統
2017.7.23
まっすぐで自由な道
2017.7.30
歌いつつ死んでゆく
2017.8.6
私の内のキリスト
2017.8.13
信仰に賭ける
2017.8.20
新しく生まれた人間
2017.8.27
描き出された十字架
2017.9.3
祝福あれ
2017.9.10
凪になる
2017.9.17
約束は信じる人に
2017.9.24
あなたがたは神の子
2017.10.1
目に見えないヴィジョン
2017.10.8
一粒の麦が地に落ち
2017.10.15
神の相続人
2017.10.22
神を知る時
2017.10.29
いささかも疑わずに
2017.11.5
神の賜る命
2017.11.12
父と家
2017.11.19
イエス・キリストの名によって
2017.11.26
あなたがたは今は神の民
2017.12.3
キリストが形づくられる
2017.12.10
油を用意して待て
2017.12.17
喜べ、自由な者よ
2017.12.24
神はあなたの味方
2017.12.31
遠くまで、響かせて
2018.1.7
キリスト者の自由
2018.1.14
貧しさと豊かさと
2018.1.21
人生を導く霊
2018.1.28
重荷を軽やかに
2018.2.4
十字架による新創造
2018.2.11
恵みと平和の計画
2018.2.18
あなたは何を望むのか
2018.2.25
満ちている祝福
2018.3.4
開かれた奥義
2018.3.11
試練か誘惑か
2018.3.18
神の国の手付金
2018.3.25
心の目が開かれて