ホーム | 説教 | 説教(2017年度) | 開かれた奥義

開かれた奥義

説教要旨(3月4日 朝礼拝より)
エフェソの信徒への手紙 1:7-10
牧師 藤盛勇紀

 「神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解とを与えて、秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいました」。神の恵みも祝福もすでに満ちているので、私たちの上にあふれます。だからキリスト者は、渇いた雑巾を絞るように恵みに与るのではなく、あふれ出てくる恵みによって生きるのです。
 「神の御心による」とあるのは、「神のお気に召すところに従って」。神が御子イエスの贖いによって私たちを祝福で満たしてくださったことは、神のお気に召すところでした。それは、私たち自身が神の宝であり、真のお気に入り、愛する子だからです。
 ブレナン・マニングの話ですが、ある司祭が田舎道を歩いていると、道端で農夫がひざまずいて祈っているのが見えたので、司祭は感心して農夫に言いました。「あなたは神様ととても親しい間柄なのですね」。農夫はにこやかに言いました。「ええ、神様は私が大のお気に入りなので」。
 私たちは「天地創造の前」から、神の愛、善意、好意の中にいて祝福で満たされています。考えてみればそれもそうです。私たちが神に愛されるのは、私たちが何か良い働きをしたらからとか、良い人間になったとか、どこか見所があるとか、そんな「私たちの何か」によって、愛されるようになったのではないからです。私たちが愛されるのは、ただ神の一方的な選びとしか言いようのない愛によるのです。それは神の愛ですから、「はじめから」です。永遠から愛され、祝福されているのです。
 そして、この永遠なるお方の愛と祝福、霊的・天的な祝福が、今この地上を生きる神の子らである私たちを通してこの地上に、この歴史の中に現されて行きます。私たちを通して神の命、神の義、神の豊かさ、神の知恵と力が、現されます。神御自身が働かれ、神御自身の時とタイミングによって現されるのです。
 このようにキリスト者の信仰は干からびた信仰ではなく、ダイナミックなものです。私たちはキリストの内に生き、キリストが私たちの内に生きておられるので、主は世の終わりに至るまでその御力を発揮し、御栄光を現してくださいます。
 「こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが頭であるキリストのもとに一つにまとめられます」。キリストのもとで、あらゆるものの存在の意味が満たされるのです。だから私たちの人生も、始めから終わりまでのトータルな視野で見ることが大事です。神のなさることは、自分の都合のよいタイミングで見ていては分からないのです。神の取り計らいは、キリストのもとで全体として祝福しておられます。今だけを見て、「どうせ私は」とか「なんで私は」などと勝手に決め込んだり嘆く必要はありません。
 「信仰によって生きる人々こそ、アブラハムの子であるとわきまえなさい。…それで、信仰によって生きる人々は、アブラハムと共に祝福されています」(ガラテヤ3:7-9)。信仰の父にして祝福の基であるアブラハムに与えられた祝福は、すべて私たちのものです。信仰はそれ見て、今それを得るのです。私たちは、永遠なるもの天にあるもの神のもとにあるものを、今ここで信仰によって見ます。だからそれは「すでにある」。すでにあるのなら、「すでに得た」のです。そして「時が満ちるに及んで、救いの業が完成され」る。今は待っているけれども、神に信頼する者は、時間の流れの中でそれが形を現されるのを楽しみに待つのです。待ちながら、すでに嬉しいのです。
 イエス様は言われました。「だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい」(マルコ11:24)。主イエスにあって信じて求める者は、すでに得たのです。恵みはあふれています。その祝福の恵みを、信仰によっていただくのです。

説教一覧(2017年度)

2017.4.2
信仰への一歩
2017.4.9
主がお入り用なのです
2017.4.16
信仰の目が開かれた
2017.4.23
主は生きておられる
2017.4.30
見えるようになれ
2017.5.7
主と共なる食事
2017.5.14
命の声を聞き分ける
2017.5.21
心の目が開かれて
2017.5.28
人によらず、神により
2017.6.4
真理の霊が来る
2017.6.11
神の子らよ、生きよ
2017.6.18
今日、必要なもの
2017.6.25
虫の良すぎる話
2017.7.2
神による回心
2017.7.9
離散している人たち
2017.7.16
恵みの伝統
2017.7.23
まっすぐで自由な道
2017.7.30
歌いつつ死んでゆく
2017.8.6
私の内のキリスト
2017.8.13
信仰に賭ける
2017.8.20
新しく生まれた人間
2017.8.27
描き出された十字架
2017.9.3
祝福あれ
2017.9.10
凪になる
2017.9.17
約束は信じる人に
2017.9.24
あなたがたは神の子
2017.10.1
目に見えないヴィジョン
2017.10.8
一粒の麦が地に落ち
2017.10.15
神の相続人
2017.10.22
神を知る時
2017.10.29
いささかも疑わずに
2017.11.5
神の賜る命
2017.11.12
父と家
2017.11.19
イエス・キリストの名によって
2017.11.26
あなたがたは今は神の民
2017.12.3
キリストが形づくられる
2017.12.10
油を用意して待て
2017.12.17
喜べ、自由な者よ
2017.12.24
神はあなたの味方
2017.12.31
遠くまで、響かせて
2018.1.7
キリスト者の自由
2018.1.14
貧しさと豊かさと
2018.1.21
人生を導く霊
2018.1.28
重荷を軽やかに
2018.2.4
十字架による新創造
2018.2.11
恵みと平和の計画
2018.2.18
あなたは何を望むのか
2018.2.25
満ちている祝福
2018.3.4
開かれた奥義
2018.3.11
試練か誘惑か
2018.3.18
神の国の手付金
2018.3.25
心の目が開かれて






更新情報

2018.6.21

路の光 第771号

※閲覧にはパスワードが必要です。

2018.6.17

6/10朝礼拝「計り知れない富」

2018.6.10

6/3朝礼拝「知らされた計画」

2018.6.3

5/27朝礼拝「我らは神の住まい」