HOME | 説教 | 説教(2017年度) | 新しく生まれた人間

新しく生まれた人間

説教要旨(8月20日 朝礼拝より)
ガラテヤの信徒への手紙 2:15-21
牧師 藤盛勇紀

 「わたしは、キリストと共に十字架につけられています」とパウロは言います。何か犯罪を犯したわけではありませんし、イエス様が十字架につけられたあの場にもいなかった。しかしパウロは、キリストの十字架を本当に見つめている人の一人です。
 イエス様の十字架のもとには、様々な人がいました。イエスを妬み、憎み、侮辱した多くのユダヤ人たち。イエスが何者なのか、そんなことに関心の無いローマの兵士たち。イエス様にずっと従って来ていた人々。過越の祭ということで、世界中から集まって来ていた群衆。一方、昨日まで主イエスに従い、何年も共に伝道してきた弟子たちは、主イエスが逮捕されると、とっとと逃げ去って姿をくらましてしまいました。
 こうした人間の罪の結果としての死を、あのお方が引き受けてしまわれたのです。そして、この主の十字架のもとから逃げ出した裏切り者たちが、誰よりも深く十字架を見つめることになりました。
 パウロも、かつてはキリスト者に対する強烈な迫害者でした。十字架につけられた男を神の子だとか救い主だと言う、そんなたわ言は許せない。あんな者を信じるキリスト者は根絶やしにする。鼻息荒く道を急いでいたその時、突然、「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」と、生きておられるイエスの声を聞いたのです。
 信仰的潔癖症のかつてのパウロにとって、汚らわしい存在のイエスは今や、「わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子」です。パウロの内にはもはやこのお方しかいません。《私のために身を献げ、血を流されたイエスが、私の内に生きてくださっている、イエスが今、この私を生きてくださっている》というのです。
 パウロは言います、「人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされると知って、わたしたちもキリスト・イエスを信じました」。神の義は、《私たちの正しさ》とか《私たちが何をした》など、全く関係ありません。神の義は、人間の正義や自分の正しい行いなどからイメージされるような「義」とは全く違って、罪人のためにご自分を献げてしまうという、《神の》憐れみとしての「義」なのです。
 人間の間では、悪人のために善人を犠牲とするなど、あってはなりません。しかし神は、私たちのためにそれをしてしまわれたのです。「神の義」とは、この《神の》憐れみ、《神の》愛、《神の》真実です。だからこの《神の》義が、私たちの救いなのです。
 義でない私たちを義としてくださるお方が、私たちの内に生きておられます。十字架に死んで復活されたキリストによって、実は人類は新しくされているのです。私たちも新しい人間とされています。しかしこの真理、この現実は、ただ信じること、つまりただいただく真理であり現実です。
 「生きているのはもはやわたしではありません」。私たちは、自分の何かによらずに、新しい自分と新しい命をいただくのです。復活して天におられるキリストは、いま霊において私たちの内におられます。だから、私たちは主の御心と御業をこの地で現すのです。私たちはすでに、新しい命に生かされていて、すでに平安を得ています。それに気づくのが信仰です。
 キリストは、すでにあなたのために死んでくださいました。そして、あなたのために生きていてくださいます。その命をいただきますか? それとも、自分の力で頑張って、何か獲得してみますか? 自分を握っていた手を放して、主からいただくとき、「生きているのはもはやわたしではありません」という新しい命を知るのです。それが神の子らです。それが世界の希望なのです。世界はうめいています。パウロがローマ書8章で言うように、全被造物はうめきながら、新しく生まれた神の子らの登場を待っているのです。