HOME | 説教 | 説教(2017年度) | 虫の良すぎる話

虫の良すぎる話

説教要旨(6月25日 朝礼拝より)
ガラテヤの信徒への手紙 1:6-10
牧師 藤盛勇紀

 「わたしはあきれ果てています」。いきなりパウロの思いが吹き出します。ガラテヤの信徒たちが「ほかの福音に乗り換え」ようとしているからです。「乗り換える」は、口語訳聖書では「落ちていく」と訳されていますが、福音の乗り換えは教会の深刻な堕落です。それは、「キリストの恵み」から落ちることだからです。
 キリストの血潮によって罪赦され、完全に清められて神のものとされたのに、そうではないかのように思い込む。それは、「キリストの恵みへ招いてくださった方」、神から離れてしまう深刻な事態です。
 パウロは、「キリストに結ばれて」「キリストにおいて」という言葉を多用します。信仰と救いの問題はこれに尽きます。信仰は、私たちの内に何があるかではありません。外が問題なのです。パウロは言います「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです」(3:26,27)。
 信仰は、聞くことに始まる恵みです。徹頭徹尾外から来ます。だから私たちは、自分から目を離し、神から与えられるものを見るのです。あの「放蕩息子の譬え話」(ルカ15章)で、放蕩に身を持ち崩した息子を見つけた父は、自分から走り寄って首を抱きました。そして僕たちに、「急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履き物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう」と言って、すぐに祝宴を始めます。親バカ丸出しです。息子の兄が怒るのも無理もありません。
 福音は、身勝手な放蕩の限りを尽くして汚れた惨めな体が、「いちばん良い」もの、キリストで包まれることです。これは虫の良すぎる話なので、道徳の教材にはなり得ません。だから人は、常識的で真面目な人にも納得できる話に曲げてしまうのです。
 「ぶどう園の労働者のたとえ」(マタイ20章)などは、現代であれば決して許されない、いや古代でも通用しない扱いを、神はしてしまわれる話です。主人(神)は言います、「自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか」。神は人間の常識では許されないほど気前がよいのです。
 だから、人間として真面目な人ほど分からない。一方的な恵みに不安を感じ、放蕩息子の兄のように怒り出してしまう。あの兄の思い込みに、父親も途方に暮れて言います、「子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ」。しかし、兄はこれが分からなかった。父のものは全部自分のものだなどと思えなかった。だから、「お父さん、私にこれをください」と求めることさえできなかったのです。人間は、自分が神の子であることを知らないから、子として父に祈り求めもしない。恵みがあるのにいただかない。祝福の中にいるのに分からないのです。
 パウロは、自分の語ることがなかなか人に喜ばれないことを知っていました。厳しいことを語ったからではなく、キリストの福音、十字架の恵みが、あまりにも虫の良すぎることからです。「そんなことでいいのか」「人間にも救われるための努力がいるだろう」「罪人は裁かれるべきだ」という声があったし、今でも、あきれるほどあります。
 イエス様も、真面目で堅物のファリサイ派の人たちや、聖書のことは誰よりも詳しいと自負する学者たち、いかにも宗教者らしく見える祭司たちから、「そんなことが許されるか」と指弾されたのです。
 パウロはそうした声に対して、「あきれ果てている」「呪われよ」と言います。福音を拒否すれば祝福はないからです。福音は虫の良すぎる話に聞こえますが、神からの福音こそが、どんな人生をも祝福の内に歩ませる神からの力であり命なのです。